OpenSea

【NFT初心者向け】OpenSeaの使い方・始め方完全マニュアル

この記事で解決できるお悩み

・NFT初心者でも簡単にOpenSeaの始め方・使い方がわかる
・Openseaを始めるのに必要なもの、初期設定方法がわかる
・OpenSeaでNFT作品の売り方、買い方がわかる

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「OpenSeaの使い方・始め方完全マニュアル」を実践すれば、
NFT初心者でも簡単にOpenSeaでNFT作品を販売・購入する事ができますよ!

なぜなら、実際にわたしもOpenSeaで、NFT作品を販売・購入しています。

記事前半ではOpenSeaの始め方を、後半では使い方・疑問点(Q&A)を紹介するので、
じっくり読みこんでくださいね。

★お得なキャンペーン実施中!★

今なら口座開設(無料)&入金(1円以上でOK)でビットコインがもらえます!

コインチェック

無料口座開設
方法を見る

 

 

そもそもOpenSea(オープンシー)とは

そもそもOpenSeaとは、様々な作品をNFTにして販売・購入できる
世界大手のサイトです。

販売できるのは・デジタルアート(ドット絵が人気)や、写真・音楽
トレーディングカード(トレカ)や、ゲームアイテムなども販売されています。

OpenSeaの特徴

ここでは、OpenSeaの特徴(メリット・デメリット)を解説します。

ニュースにもなる世界最大規模のNFTマーケットプレイス

NFT作品を販売できるサイトはいくつかあるのですが、
世界最大規模なのがOpenSeaです。

小学生(当時8歳)の男の子が書いたドット絵が180万円で売れたと
ニュースになった事がありますが、その絵が取引されたサイトがOpenSeaです。
※動画の5:14あたりで出てきます。

 

販売・購入は暗号資産(仮想通貨)を使う

OpenSeaでNFT作品を購入するには、暗号資産(仮想通貨)が必要です。
暗号資産というと、ビットコイン(BitCoin)が有名ですが、使えません。

OpenSeaで使える暗号資産は、イーサリアム(Ethereum)といいます。
くわしくは、以下の暗号資産が使えます。

・ETH(イーサリアム)
・MATIC(マティック) ※Polygon(ポリゴン)ともいいます。
・Klaytn(クレイトン)
・Tezos(テゾス)

たくさんあって、ややこしいですがOpenSeaでよく使われるのが
ETH(イーサリアム)です。

【MATIC(マティック) ※Polygon】もよくつかわれますが。
ETH(イーサリアム)から変換できるので、まずはイーサリアムを手に入れる
所から始めましょう。

NFT化~販売まで簡単に行える

NFT化なんて言うとすごく難しそうなイメージがありますが
写真やイラストをアップロードするだけで、OpenSeaが自動的にNFT化してくれます。

販売も、商品名・販売価格を決めれば簡単にできます。

OpenSeaは転売OK

上の画像は、NFT作品の取引履歴ですが、
何度も売買され価格が上昇しています。

OpenSeaでは、NFT作品の転売がOKです。

著作元は転売されるほど利益が入る

OpenSeaでは、転売されると利益の一部が
著作元に入る仕組みになっています。

なので転売されるほど、著作元が稼げます。
だから転売OK、むしろ転売された方がよいですね。

 

NFT作品が必ず売れるとは限らない

一方デメリットもあります。自分が作ったNFTが
売れるとは限りません。

有名人なら何度も転売されて利益が出そうですが
そうでない場合は、SNSなどで積極的に宣伝する必要があります。

OpenSea始め方マニュアル【全体の流れ】

OpenSeaを始めるには最低限以下が必要になります。

・国内暗号資産取引所口座(無料)
・ウォレット(お財布)
・暗号資産(仮想通貨)

この3つをそろえるのに、必要な手順をまとめると、

始めてOpenSeaを始める場合は、1つ1つが初心者にはやりにくいですが
実際の画面とあわせて分かりやすく解説していくので、これからOpenSeaを利用していきたい方はぜひ参考にしてみてください。

【無料】暗号資産取引所の口座開設(アカウント作成)

コインチェック
OpenSeaを始めるのに、一番最初に必要なのは
暗号資産(仮想通貨)の口座開設(アカウント作成)です。

私はコインチェックでアカウントを作成し、
OpenSeaで使われる、ETH イーサリアム(仮想通貨)を購入しました
口座開設は無料で行えます。

コインチェックでは、アカウント作成・本人確認・入金まで行うと
2,500円分のビットコインがもらえます。

また、これから説明するOpenSea始め方マニュアルは
実際のコインチェックアカウント画面を元に解説しています。

まずは無料で口座開設しましょう。

無料で口座開設する

無料でコインチェック口座開設(アカウント作成)するやり方をマニュアルにしたので
こちらの記事を見れば初心者でも無料で口座開設できます。

【無料】初心者向けコインチェックの口座開設マニュアル

【仮想通貨・NFT初心者が始める最初の1歩】コインチェック口座開設のやり方マニュアル・コインチェックで口座開設したいけどやり方がわからない ・最近NFTで絵を描いたら75億稼げるニュースを見て自分も挑戦したい ・NFTゲームで遊びながら稼ぐには仮想通貨が必要だから口座開設したい 私のような仮想通貨初心者でも簡単にできたので 実際に私が操作したスマホ画面を元に コインチェックの口座開設のやり方を解説します。...

 

日本円を入金

暗号資産取引所で口座開設・本人確認までできたら
日本円を入金します。

コンビニより、ATMで入金した方が手数料は安いです。

コインチェックに銀行ATMで入金する方法【手数料は330円】・コインチェックで仮想通貨を買いたい!その前にコインチェックに「円」を入金したいんだけどどうやってやるの? ・銀行ATMで入金するにはどうやってやるの? ・入金手数料はいくらくらいかかるの? コインチェックに入金ってそんなに行わないので たまに銀行ATMに入金する時って、わすれちゃうんですよね 特に、自分専用の振り込み口座画面ってどうやって表示するか? 毎回調べるのが手間なので、自分のブログにわかるように 手順をまとめたのがこの記事です。...

 

暗号資産(仮想通貨) ETH(イーサ)を購入

OpenSeaで最も良く使われる暗号資産(仮想通貨)は、
ETH(イーサ)と言います。
NFT販売(手数料支払い)・購入で良く使うので、あらかじめ購入しておきましょう。

コインチェックにイーサリアム取引所はないので販売所で買う方法・コインチェックでイーサリアムを買いたいんだけど、どうやってやるの? ・販売所は手数料が高いから取引所で買うと安いって聞いたけど ・ETHとETCって同じだからどっち買っても問題ないよね。 記事の前半では、イーサリアム・販売所の注意点を解説しつつ、 記事の後半では、コインチェックでイーサリアムを購入する方法を解説します。...

 

メタマスク(MetaMask)アカウントの作成

暗号資産取引所でETHを購入しただけでは使えません。
事前に暗号資産を入れるウォレット(お財布)を用意します。

OpenSeaで最も良く使われているウォレットアプリはメタマスク(MetaMask)です。
まずは、メタマスクのアカウントを作成しましょう。

詳しい手順は別途マニュアルに記載しまますが、重要なのは

シークレットリカバリーフレーズは絶対に人に教えないで下さい

重要な理由は、以下マニュアルで解説しているので
ご参照下さい。

【絶対に人に教えないで!】メタマスクアプリ始め方・初期設定方法・NFT(Opensea)をやりたいけど メタマスクっていうものが必要みたい。 メタマスクってどうやって始めるの?初期設定方法は? ・シークレットリカバリーフレーズって何? シークレットリカバリーフレーズ=銀行口座の暗証番号くらい大切なものです。 では、【失敗しない】メタマスク始め方・初期設定方法ついて、 これから詳しくお伝えしていきます。...

 

ETHをメタマスクに送金

メタマスク(MetaMask)アカウントを作成したら
暗号資産取引所で購入した、ETHをメタマスクに送金します。

コインチェックでイーサリアムをメタマスクに送金する方法NFTで絵を売ってお金を稼ぐには、オーオプンシー(OpenSea)を使うみたいだけど、そのためにはイーサリアムをメタマスクに送金する必要があるみたい。どうやるの? 私もNFTを始めたくてOpenSeaで絵や写真を売って稼いでみようと いろいろ調べてたら、OpenSeaを使うにはイーサリアムが入ったメママスクが 必要みたいなんだけど、どうやってイーサリアムをメタマスクに送金するのか? というわけで、実際に購入したイーサリアムを、メタマスクに送金してみました。 この記事では、シーサリアムをメタマスクに送金する方法を 私が実践した画像を元に解説します。...

 

OpenSeaにメタマスクを接続(ログイン)

OpenSeaでは、ログインという概念はありません。
メタマスクを接続することで、利用する事ができます。
(これが実質のログインになります。)

【スマホ・PC両対応】OpenSeaにログインする方法は?・openseaにログインする方法は? ・openseaにログインボタンを探しても見つからない ・スマホとパソコン(PC)両方のログイン方法が知りたい 実は、この記事で紹介する「openseaにログインする方法」を実践すると、 スマホ・PC両方でopenseaにログインすることができます。...

 

OpenSeaで作品を出品(NFT化)・販売する方法

ここまで大変でしたが、ようやくOpenSeaで作品を出品するための準備完了です。

作品を出品(アップロード・NFT化)する

アート・写真をOpenSeaで
出品(アップロード・NFT化)するのは無料です。

【無料で出来る!】OpenSeaでスマホ写真の作成・出品方法・写真をopenseaで出品するする方法は? ・ガス代はかからないの? ・スマホで出品できないの 私も先ほど、旅行で撮った写真をNFT化しました。 スマホだと簡単に出品(NFT化)できます。 よく、ガス代がかからないの?と言われますが 正確に言うと、販売する時は手数料(ガス代)がかかりますが、 出品(アップロード)だけなら無料で行うことができます。...

自分で値段を決めて販売する

販売するのは、初回のみ有料(手数料)がかかります。

NFTでは、手数料の事を(ガス代)と言います。
私は初めてNFT作品を販売した時のガス代は
2022年2月時点で、約4000円かかりました。

【実践写真付き】OpenSeaスマホで販売方法(売り方)マニュアル・Openseaでどうやって販売するの? ・NFT販売ってスマホでできないの? ・ガス代(手数料)はいくら取られた? 最近新しく流行っているNFT。 せっかくなので、私も東京駅で撮った新幹線の写真を NFT化して、販売してみました。 なんと、スマホで簡単にNFT販売ができるんですよ。 今回は、実際に私が撮影した新幹線の写真をNFT販売した方法を 実践した写真を元に解説します。...

 

オークション形式で販売する

OpenSeaではオークション形式で販売する事もできます。
但し、手数料(ガス代)がかかるので注意しましょう。

【失敗しない】OpenSeaオークションで出品・入札する方法・openseaオークションの出品、入札のやり方がわからない ・openseaオークションを使うと、どんな良い事があるの? ・オークションボタンが表示されない。どうして? この記事で紹介する「openseaオークションで出品・入札する方法」を実践すれば、 初心者でもopenseaで出品・入札できますよ!...

 

OpenSeaで稼ぐ2つの方法

自分でNFT作品を作り出品して稼ぐ

自分でイラストを作ったり、写真を出品して売って収益を得ます。
OpenSeaで最も一般的な稼ぎ方です。

OpenSeaは自分が作ったNFT作品を転売されても
一部収益が得られる仕組みなので、転売されるほど稼げます。

またNFTゲームでレアなアイテムを手に入れられたら
OpenSeaで高値で売ることもできますよ。

NFT作品を転売し差額で稼ぐ

今後人気が出そうなNFT作品を安い値段の時に購入し
高い値段で売り差額で稼ぐ方法です。

せどりに近いやり方ですね。
将来、高値で売れそうな作品を見分けるスキルが必要です。

Openseaで作品を購入する

OpenSeaで転売し稼ぐ場合は、購入する方法も覚えておきましょう。
SNSのアイコンとしてNFT作品を購入するのも良いですよ。


OpenSeaで作品を購入するには、主にETH(イーサリアム)と、Polygon(ポリゴン)の
2種類があります。

ETHをPolygonに変換する

スマホでOpenSeaのETHをpolygon(ポリゴン)に一括変換する方法・Openseaの作品がイーサリアムで買えない。何で? ・OpenSeaの作品がpolygon(ポリゴン)が一番安いので変換したい ・イーサリアム(ETH)をpolygon(ポリゴン)に変換する方法は?...

Polygon(ポリゴン)で販売されているNFT作品は低価格が多いので
とにかく安く買いたいならETHから変換しておきましょう。

 

作品を購入する

スマホ・PC両方で購入する方法をまとめましたので
こちらを参考にNFT作品を購入してみましょう。

【スマホ・PC両対応】OpenSea購入方法(買い方)マニュアル(Polygon)・OpenSeaで作品を買いたい ・どうやって買うの? ・Polygon(ポリゴン)っていうのだと安いからそっちで買いたい ・スマホ、PCの両方で買う方法を知りたい 記事の前半では、Polygonの入手方法を解説しつつ、 記事の後半では、スマホでOpensea作品の購入方法 スマホ・PCでOpensea作品の購入方法を解説します。...

 

OpenSeaを始めるならコインチェック

コインチェック

OpenSeaでNFT作品を出品する場合のガス代や
購入するのに、ETH(イーサー)や、Polygon(ポリゴン)などの
暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

なので仮想通貨取引所に口座開設(アカウント作成)が必要です。
難しいそうに聞こえますが、銀行の口座開設と同じで
個人情報の入力・本人確認だけで簡単に開設できます。

しかも口座開設は無料です。

無料で口座開設する

私は「コインチェック」で無料口座開設しました。

コインチェックの口座開設のやり方をマニュアルにしたので
こちらの記事を見れば初心者でも無料で口座開設できます。

【無料】初心者向けコインチェックの口座開設マニュアル

【仮想通貨・NFT初心者が始める最初の1歩】コインチェック口座開設のやり方マニュアル・コインチェックで口座開設したいけどやり方がわからない ・最近NFTで絵を描いたら75億稼げるニュースを見て自分も挑戦したい ・NFTゲームで遊びながら稼ぐには仮想通貨が必要だから口座開設したい 私のような仮想通貨初心者でも簡単にできたので 実際に私が操作したスマホ画面を元に コインチェックの口座開設のやり方を解説します。...

OpenSeaのQ&A

メタマスクがOpenSeaに繋がらない

2回目以降メタマスクがOpenSeaに繋がらない場合
ブラウザのポップアップブロックが原因です。

OpenSeaのサイトのみ許可すれば、ログインできるようになります。
設定方法は以下にまとめたので、繋がらない場合は試してみましょう。

【これで解決】OpenSeaでメタマスクが繋がらないの原因・解決方法・opensea2回目移行にメタマスクに繋がらない ・なんでopenseaメタマスクが繋がらないの? openseaとメタマスクを始めて設定した時は うまく繋がりましたが 何故か2回目以降繋がらなくて苦戦しました。 今後NFTゲームなどいろいろ使いたいので メタマスクがちゃんとブラウザーで繋がらないと openseaだけでなく、NFTゲームで稼ぐことすらできません。 今回はopenseaとメタマスクが繋がらない原因と解決方法を解説します。...

 

OpenSeaはスマホのアプリってないの?

OpenSeaの公式アプリはありますが、閲覧専用です。

スマホで出品・購入する場合はメタマスクアプリを使いましょう。
メタマスクアプリにはブラウザ機能があるので、OpenSeaにアクセスすると
ウォレットを接続(ログイン)できます。

NFTはOpenSeaでしか売買できないの?

OpenSea以外でもNFTは売買可能です。
国内だと、CoincheckNFTなどでも売買できますが
日本ではNFT市場はまだ発展途上です。

作品数・利用者数が世界一なのはOpenSeaなので
まずNFT作品を売買して稼ぐなら、OpenSeaを利用しましょう。

 

OpenSeaを利用する際にかかるガス代(手数料)っていくらくらいかかるの?

OpenSea利用時にかかるガス代は、初めて出品する時・購入する時
暗号資産を変換する時など、さまざまな場面でかかります。

また、値段は日本円で約3000円~4000円ですが
トランザクション(処理)の込み具合によって変動します。
つまり混雑していると高額、空いていると低額になります。

つまり時間帯により変動するので、ガス代が高い場合は
時間とずらして決済しましょう。

ガス代についてまとめた記事があるので
詳しく知りたい場合は、こちらを参考にしましょう。

【NFT初心者も簡単】OpenSeaを使うときにかかるガス代とは?・openseaを使う時にかかるガス代って何? ・ガス代ってどんな時にかかるの? ・ガス代っていくらかかるの? 実は、この記事で紹介する「openseaを使うときにかかるガス代とは?」を実践すると、 ガス代の意味、いくらかかるのかが理解できます。...

 

勝手にNFT作品が増えてるんだけど開いていいの?

OpenSeaにコネクト(ログイン)すると「hidden」という場所に
NFTが自動で追加される事があります。

こころあたりがないなら絶対に開かないようにしましょう。
開いただけでウィルスに感染し、暗号資産を全部盗まれる可能性もあります。

hiddenに関しては以下記事にまとめました。

【盗難注意】OpenSeaの「hidden」でNFTを非表示にする方法・openseaにある「hidden」って何? ・持っているNFT作品を他人に知られたくない ・「hidden」に勝手にNFTが増えているけど一体何? この記事で紹介する「OpenSeaの「hidden」でNFTを非表示にする方法」を実践すれば、 初心者でも他人に知られたくないNFTを非表示にできますよ! また、hiddenの操作を間違うと全財産を失う危険性も学ぶことができます。...

 

OpenSeaに日本語サイトはないの?

残念ながらOpenSeaは2022年6月現在、日本語には対応していません。
ただ、グーグルクロームの拡張機能で、日本語化することはできます。

こちらの記事を参考に日本語化しましょう。

→ OpenSeaを日本語にする

【簡単2ステップ】OpenSeaのサイトを日本語にする方法・OpenSeaの英語表記を日本語にする方法はないの? ・OpenSeaの日本語サイトってないの? この記事で紹介する「OpenSeaのサイトを日本語にする方法?」を実践すれば、 初心者でも簡単に日本語表記にできますよ!...

【まとめ】

OpenSeaの始め方・使い方がわかれば出品して稼いだり
転売して稼ぐ事もできます。

まとめ

・OpenSeaを始めるには仮想通貨口座開設が必要
・Openseaを使うにはメタマスクのインストールが必要
・出品は無料・販売は有料(ガス代)がかかる

OpenSeaを始めるには事前に暗号資産をイーサリアムの購入と
メタマスクを準備しておく必要があります。

イーサリアムの取引をするなら、
国内取引所の中でも利用者も非常に多く、
無料で口座開設ができるコインチェックが良いでしょう。

OpenSeaに興味がある方はコインチェックで口座開設しましょう。

無料口座開設はこちらから

無料で口座開設する