NFT・仮想通貨

【初心者向け】OpenSeaをの英語表示を日本語化する方法

この記事ではOpenSeaをの英語表示を日本語化する方法について解説します!

・Openseaで出品したいけど英語で見にくい。日本語で見る方法はないの?

グーグルクロームの拡張機能にある「Google翻訳」を使えば
簡単に日本語化する事ができます。

さっそくOpenSeaをの英語表示を日本語化していきましょう。

グーグル翻訳アプリのインストール

まずは、chromeウェブストアの「グーグル翻訳」へアクセスします。

Google 翻訳へアクセス

 

「Chromeに追加」をクリックします。

 

「拡張機能を追加」をクリックします。

 

無事に追加されましたが、確認と常に表示設定を行います。
「パズルマーク」をクリックすると「Google翻訳」が表示されるので
「押しピン(画鋲)」マークをクリックします。

 

「Google翻訳」がブラウザ上に常に表示されるようになりました。

 

Openseaを日本語化

OpenSeaにアクセスします。

Openseaにアクセス

 

「グーグル翻訳アイコン」→「このページを翻訳」をクリックします。

 

oepnseaのページが日本語化されました。

Openseaを英語に戻す

OpenSeaを無事日本語化しましたが、翻訳が完璧ではないため
日本語だと逆にわかりにくいページがあります。

一度英語に戻す方法を解説します。

「Google翻訳アイコン」→「拡張機能オプション」をクリックします。

 

「リセット」をクリックします。

 

「F5キー(画面更新)」を押します。

英語に戻りました。

 

【まとめ】

まとめ

・拡張機能の「Google翻訳」をインストール
・Openseaにアクセスし日本語化
・英語に戻す場合は「オプション」→「リセット」

自分もOpenSeaでNFTアート・イラスト・写真を出品したい。
そんなあなたに、OpenSeaで出品するマニュアルを作成しました。
マニュアルを参考にOpenseaデビューしましょう!

「初心者が実践済」OpenSeaの始め方【仮想通貨口座開設~出品・販売まで】・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...