NFT・仮想通貨

【簡単3ステップ】クリプタクトの使い方(コインチェックver)

この記事で解決できるお悩み

クリプタクトの使い方がわからない
・クリプタクトで税金の自動計算のやり方は?
・自動計算の結果、税金は払う必要はあるの?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「クリプタクトの使い方」を実践すれば、
初心者でも3ステップで税金の自動計算する方法がわかりますよ!

クリプタクトは年間50件までの取引なら
無料で利用することができます。

なぜなら、実際にわたしもこの方法で、税金の自動計算を行い
税金がかかるのか?不要なのか?の悩みを解決できたからです。

記事前半ではコインチェックの、取引データのダウンロード方法
後半ではクリプタクトにアップロード・自動計算の使い方を紹介するので、
じっくり読みこんでくださいね。

★お得なキャンペーン実施中!★

今なら口座開設&入金(1円以上でOK)で、ビットコインがもらえます!

コインチェック
>>【無料】コインチェックで口座開設する

 

STEP1:【無料】クリプタクトアカウント作成

まずは、クリプタクトのアカウントを作成しましょう。
無料で登録できます。

クリプタクトにアクセスします。

 

「無料アカウント作成」をクリックします。

 

メールアドレスを入力し「送信する」をクリックします。

 

登録したアドレスにメールを送信したと表示されるので
メールを確認します。

 

アドレス確認のメールを開きます。


「メールアドレスの確認」をクリックます。

 

パスワードを設定します。
文字数は最低12文字なので注意しましょう。

最後に「アカウント登録」をクリックします。

 

アカウント登録が完了しました。

 

設定したメールアドレス・パスワードでログインできれば
登録は完了です。

 

STEP2:コインチェックで暗号資産(仮想通貨)の取引データダウンロード

コインチェックにログイン

次に、暗号資産(仮想通貨)取引所での
取引データを取得(ダウンロード)します。

今回は、私が実際に使っているコインチェック
取引データのダウンロード方法を解説します。

まずは、コインチェックにアクセスします。

 

画面右上の「ログイン」→「取引アカウント」をクリックします。
会員登録がまだの方は、無料でできますので登録しましょう。

 

「メールアドレス」「パスワード」を入力しログインします。

 

2段階認証を設定している場合は「パスコード」を入力し
「認証する」をクリックします。

取引データのダウンロード

「人のアイコン」をクリックします。

 

「取引履歴」をクリックします。

 

画面下へ移動します。

 

「業界標準フォーマットはこちら」をクリックします。

 

業界標準フォーマットの取引一覧が表示されます。
※業界標準フォーマットの場合、「取引履歴、積立、コインを貸す、仮想通貨報酬履歴」
4つのデータが1つにまとまっており、扱いやすいです。

まずは「ファイル作成」をクリックします。

 

「ダウンロード」をクリックします。

 

私は保存先をデスクトップにしました。

 

同様にして、他の月のデータもダウンロードします。
データがない月は「取引履歴なし」と表示されます。

 

取引データはzip形式で保存されます。

これで、コインチェックの暗号資産(仮想通貨)取引データの
取得(ダウンロード)は完了です。

 

STEP3:クリプタクトに取引データのアップロード、自動計算

クリプタクトにログイン

次にコインチェックでダウンロードした取引データを
クリプタクトにアップロードして損益計算(税金計算)します。

クリプタクトにアクセスします。

「ログイン」をクリックします。

 

メールアドレス、パスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

 

初期設定:個人は「総平均法」を選ぶ

「仮想通貨の損益計算・確定申告サポート」をクリックします。

 

計算方法には総平均法と移動平均法がありますが
個人の場合は総平均法の計算になるので「総平均法」を選び
「続ける」をクリックします。

 

初期設定が完了します。「あとで」をクリックします。
※「デモ取引で使い方を見る」を使用してもいいですが
デモ用のデータが税金計算に登録されてしまい
削除するなどの手間が増えるので、やめておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)取引データのアップロード

画面左のメニューから
「取引履歴一覧」をクリックします。

 

「取引履歴追加」をクリックします。

 

「ファイルをアップロード」をクリックします。

 

アップロードする暗号資産(仮想通貨)取引所を選びます。
今回はコインチェックをクリックします。

 

「Coincheck/業界標準フォーマット」をファイル選択をクリックします。

 

先程ダウンロードした取引データを選びます。
ファイルは1個ずつしか選べません。
1つずつアップロードしましょう。

 

「アップロード」をクリックします。

 

「準備中」が表示されます。

 

画面左メニューの「取引履歴一覧」をクリックします。

取引データが表示されます。

 

同様にして他の取引履歴データをアップロードしていきます。

 

自動計算結果、税金はかかるのか?

全ての取引履歴データのアップロードを完了したら「実質損益」を確認しましょう。
私の場合は0円でした。
(仮想通貨を売却していないので利益は発生していません)

利益が出たら税金がかかります。

副業の会社員の場合、年間で20万を超える利益が出たら
(ブログ・せどりなどの収益も含む)
確定申告しましょう。

2022年6月時点では暗号資産(仮想通貨)の税金は
発生しない事がわかります。

以上で、クリプタクトによる暗号資産(仮想通貨)の使い方は完了です。

まとめ

暗号資産(仮想通貨)の税金計算も
クリプタクトを使えば、自動で税金計算をしてくれます。

まとめ

・クリプタクトはアカウント登録、年間50件の取引なら無料
・暗号資産(仮想通貨)取引所からデータをダウンロードする
・取引データをアップロードするだけで自動計算、税金の有無も自動でわかる

暗号資産(仮想通貨)の取引が多い場合、1件1件の損益計算が大変です。
クリプタクトのサービスを使えば、約10分で税金計算が完了します。

アカウント登録・年間50件まで無料なので、まずはお試しで使ってみましょう。

→クリプタクト(cryptact)を使う