OpenSea

【NFT初心者も簡単】OpenSeaを使うときにかかるガス代とは?

この記事で解決できるお悩み

・openseaを使う時にかかるガス代って何?
・ガス代ってどんな時にかかるの?
・ガス代っていくらかかるの?

実は、この記事で紹介する「openseaを使うときにかかるガス代とは?」を実践すると、
ガス代の意味、いくらかかるのか理解できます。

なぜなら、私はopenseaでNFT作品を出品・販売しガス代を払ってきました。

この記事では、ガス代の意味・発生するタイミング・金額をご紹介します。

この記事を読み終えると?

・ガス代の意味がわかる
・ガス代が発生するタイミングがわかる
・openseaでガス代がいくらかかるのかがわかる

さっそく、openseaを使うときにかかるガス代ついて、
これから詳しくご紹介します。

★お得なキャンペーン実施中!★

今なら口座開設(無料)&入金(1円以上でOK)でビットコインがもらえます!

コインチェック

無料口座開設
方法を見る

 

 

openseaのガス代とは手数料の事

ガス代とは一言でいうと「手数料」の事です。
何故手数料が発生するかというと、少し難しい話になるのですが

oepnseaで使われているNFTのブロックチェーンという技術には複雑な計算が必要で
計算に使うコンピューター代、電気代がかかるためその報酬として
手数料が支払われています。

よって、ガス代がかかる仕組みになっています。

ATMを利用する時も、手数料がかかるのと同じですね。

openseaでガス代(手数料)が発生するタイミング

openseaを使っていてガス代が発生するタイミングは主に3つです。

・始めてopenseaでNFT作品を販売する時
・openseaでNFT作品を購入する時
・openseaで仮想通貨(ETH)を(Polygon)に変換する時

 

始めてopenseaでNFT作品を販売する時

openseaで初めて、NFT作品を販売する時にはガス代金がかかります。
2回目以降と、出品(アップロードのみ)なら無料でできます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

→ opensea販売時にかかる初回のガス代は?

【5000円は必要】OpenSeaで販売する時、初回のみかかるガス代はいくら?・openseaで初回のみかかるガス代っていくら? 実は、この記事を読むと、 openseaで初回のみかかるガス代金がわかります。 なぜなら、私はopenseaでたくさんのNFT写真をopenseaで出品しています。...

 

openseaでNFT作品を購入する時

NFT作品を購入する時にも、ガス代はかかります。
イーサリアムで購入するならガス代だけで済みますが

別の仮想通貨polygon(ポリゴン)で買う場合は
イーサリアム→polygonに変換する場合にもガス代がかかるので
手数料取られまくりです。

こちらも詳しい事は、openseaで作品を買う場合の手順に記載しました。

→ OpenSea購入方法(買い方)マニュアル(Polygon)

【スマホ・PC両対応】OpenSea購入方法(買い方)マニュアル(Polygon)・OpenSeaで作品を買いたい ・どうやって買うの? ・Polygon(ポリゴン)っていうのだと安いからそっちで買いたい ・スマホ、PCの両方で買う方法を知りたい 記事の前半では、Polygonの入手方法を解説しつつ、 記事の後半では、スマホでOpensea作品の購入方法 スマホ・PCでOpensea作品の購入方法を解説します。...

 

openseaで仮想通貨(ETH)を(Polygon)に変換する時

先程も触れましたが、仮想通貨イーサリアム→polygonに変換する時にも
ガス代が発生します。

こう考えると、ガス代祭りですね・・・。

なぜイーサリアム→polygonに変換するかと言うと
日本のNFT作品は、polygonで販売されている事が多いからです。
しかも金額が安い。

そのため、変換するんですがガス代も結構な値段がするので・・・

まあ、世界中で景気が良くて、日本だけ円安と、30年景気が悪いから
高く感じているだけかもしれませんが。

イーサリアム→polygonの変換方法もマニュアルにしたので
こちらを参考にして下さい。

→ openseaでイーサリアムをpolygonに変換する方法

スマホでOpenSeaのETHをpolygon(ポリゴン)に一括変換する方法・Openseaの作品がイーサリアムで買えない。何で? ・OpenSeaの作品がpolygon(ポリゴン)が一番安いので変換したい ・イーサリアム(ETH)をpolygon(ポリゴン)に変換する方法は?...

openseaでかかるガス代は大体3000円~6000円

2022年3月時点でopenseaでかかるガス代は以下になります。

・初回販売:約5000円
・openseaでNFT作品購入:約6000円
・イーサリアム→polygon変換:約3000円

この時は、日本の止まらない円安や世界で大変な事が起きているので
日本の場合はまだまだ手数料が高くなる可能性があります。

今後も手数料は変動する場合があります。
常にこのガス代がと言い切れないので注意しましょう。

 

【まとめ】

まとめ

・ガス代とは「手数料」のこと
・ガス代は売買、仮想通貨の変換で発生する
・約3000~6000円のガス代が発生する(変動あり)

NFTマーケット世界最大手のOpenSeaでは、イラスト・写真・音楽だけでなく
NFTゲームで育てたキャラや、レアアイテムは、売ったり買ったりする事ができます。

Openseaを始め方・出品(販売)・購入方法を1つにまとめたマニュアルも用意しました。
売れるゲームアイテムがそろったら、こちらを参考に売ってみましょう。

OpenSea始め方マニュアル

【NFT初心者向け】OpenSeaの使い方・始め方完全マニュアル・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...

OpenSeaで出品・販売ができるようになったら
稼げるようになるためのコツを勉強しましょう。

OpenSeaで売るためのコツの本も出版されているので
読んで実践し、人気NFTアーティスト・クリエイターになってどんどん稼ごう!