NFT・仮想通貨

【簡単】OpenSeaでオファー(値下げ交渉)するやり方は?

この記事で解決できるお悩み

・OpenSeaのオファーって何ができるの?
・オファーってどうやってやるの?手順が知りたい
・OpenSeaのNFT作品が高いので値下げ交渉ってできないの?
・値段がなく「buy now(購入)」ボタンのないOpenSea作品って買えないの?
・オファーが承認されたか確認したい

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「OpenSeaでオファーし値下げ交渉するやり方」を実践すれば、
OpenSea初心者でもNFT作品の値下げ交渉ができますよ!

なぜなら、実際にわたしもこの方法で、OpenSeaの値下げ交渉や
値段がない作品へ実際にオファーしました。

記事前半ではOpenSeaの値下げ交渉する方法を、
後半ではBuynow(購入)ボタンのないの作品にオファーする方法を
実際の画面を使って紹介するので、じっくり読みこんでくださいね。

OpenSeaオファーとは?

Openseaのオファーとは、NFT作品を出している出品者に価格交渉をする事です。
オファーには主に2種類あり

・出品中の作品にオファー(値下げ交渉)する。
・Buy nowボタンがない(値段がない作品)に対して
自分で値段を決めて買いたいと交渉する。

この記事では、2つのオファー方法について解説します。

OpenSeaオファーのメリット、デメリット

OpenSeaオファーのメリット

OpenSeaでオファーするメリットは

オファーするメリット

・交渉成立すれば安い値段でNFT作品を買える

NFT作品が欲しいけど値段が高くて手が出ない・・・
そんな時に値下げオファーし、交渉成立すれば安い値段で買う事ができます。

関西の「まけてくれまへんか?」と同じですね。

OpenSeaオファーのデメリット

逆にオファーすることのデメリットは

オファーのデメリット

・承認(交渉成立)まで待つことになり購入に時間がかかる
・他の人に先に購入される可能性がある

早く値下げ交渉成立しないかなと待っていたら
他の人へ値下げ前の値段で購入してしまった・・・。

出品者としては、値下げ前の値段で買ってもらった方が良いですからね。
なので、人気のNFT作品は争奪戦になるのでオファーはおすすめできません。

では、OpenSeaでオファーする手順を実際の画面を使って解説します。

OpenSeaでオファーを始めるための事前準備

OpenSeaを利用するためには

・ウォレット(お財布)
・暗号資産(仮想通貨)

が必要です。

必要な準備の手順をまとめると、

くわしいまとめページは以下で解説しています。
1~6を先に済ませてから本ページにもどってきて読み進めてください。

→ OpenSea始め方マニュアル

【NFT初心者向け】OpenSeaの使い方・始め方完全マニュアル・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...

出品中の作品にオファー(値下げ交渉)する方法

では、実際ににOpenSeaの作品にオファーしてみましょう。
今回は、昔のFF風キャラクターのNFT作品をオファーしてみます。

 

「Make Offer」をクリックします。

 

「I under・・・」にチェックを入れます。

 

オファーする値下げ価格と交渉期間を入力します。
販売価格は0.009ETH(Polygon)だったので、0.0025ETH(Polygon)にして、
期間は3日間にしました。

「Make Offer」をクリックします。

 

Polygonネットワークへの接続が求められます「Switch」をクリックします。

 

メタマスクが起動し、Polygonネットワークを接続追加のメッセージが表示されます。
「承認」をクリックします。

※暗号資産送金ネットワークの違い
暗号資産では、通貨によってネットワークを切り替える必要があります。

・ETHなら、ETHネットワーク
・Polygonなら、Polygonネットワーク

初めて使用する暗号資産の場合は、ウォレット(メタマスク)に
接続設定が必要になります。Openseaでは自動でネットワーク接続設定
をしてくれるので、そのまま接続・切り替えを行いましょう。

※円は円の送金ネット、ドルはドルの送金ネットがあるのと同じですね。

 

イーサリアムメインネット→Polygonネットへ接続切り替え
を聞かれるので「ネットワークを切り替える」をクリックします。

 

「Sign(署名)」をクリックします。

 

「↓」をクリックし「署名」をクリックします。

 

画面右下にオファー成功のメッセージが表示されます。

 

作品画面を下にスクロールすると、自分がオファーした履歴が表示されます。

これで、値下げオファー(交渉)の依頼は完了です。
出品者の承認がもらえるまで待ちましょう。

 

Buynow(購入)ボタンのないの作品にオファーする方法

OpenSea作品の中には、「Buy now(購入)」ボタンがないNFT作品もあります。
その場合はこちらからオファーして、購入したい金額を提示します。

出品者が承認すれば、作品を購入することができます。
では、実際に金額を提示してオファーしてみましょう。

 

「Make offer」をクリックします。

 

「I under・・・」にチェックを入れます。

 

購入希望価格と、交渉期間を入力します。
今回は0.0025ETH(Polygon)で、期間を3日間にしました。

「Make offer」をクリックします。

 

「Sign」をクリックします。

 

メタマスクが起動するので「↓」をクリックして
「署名」をクリックします。

 

交渉依頼完了のメッセージが表示されます。

 

自分が交渉した金額が表示されます。

 

画面を下にスクロールすると、自分が交渉した履歴が表示されます。

これで、Buynow(購入)ボタンのないの作品のオファーは完了です。
後は出品者が承認すれば購入完了です。気長に待ちましょう。

オファー状況の確認方法(待機)

オファー(価格交渉)は、出品者が承認がもらえるまでは
気長に待つことになります。

しかし、進捗状況が気になりましすよね?
オファー状況を確認する方法を解説します。

 

画面右上の自分のアイコンをクリックして「マイページ」に
移動します。

「Offers」→「Offers mode」をクリックします。

自分がオファーした状況の一覧が表示されます。
ちなみに、オークションで入札した場合の状況も見ることができますよ。

 

Q&A

オファーしようとしたら「Deposit ETH into Polygon」と表示される

Polygon(ポリゴン)という、暗号資産を持ってと表示されます。

OpenSeaで利用できる暗号資産(仮想通貨)は、
ETH(イーサ)・WETH・Polygonなど様々な種類があります。

どうすれば良いかというと、Polygon(ポリゴン)の暗号資産を入手しましょう。

ETHを持っていれば、OpenSea上で、Polygonに変換できるので
「Convert」ボタンをクリックして、変換しましょう。
※ガス代(手数料)が取られます。
(円をドルに為替する時に手数料取られるのと同じですね)

【まとめ】

NFT作品が高くて買えない、Buy now(購入)ボタンがないNFT作品に関しては
オファーすれば、安く買えたり手に入れる事ができます。

まとめ

・オファーで値下げ交渉をする事ができる
・Buy now(購入)ボタンが無い作品はオファーで購入金額を提示する
・出品者から承認されるまで待つ必要がある

NFTマーケット世界最大手のOpenSeaでは、イラスト・写真・音楽だけでなく
NFTゲームで育てたキャラや、レアアイテムは、売ったり買ったりする事ができます。

Openseaを始め方・出品(販売)・購入方法を1つにまとめたマニュアルも用意しました。
売れるゲームアイテムがそろったら、こちらを参考に売ってみましょう。

OpenSea始め方マニュアル

【NFT初心者向け】OpenSeaの使い方・始め方完全マニュアル・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...

OpenSeaで出品・販売ができるようになったら
稼げるようになるためのコツを勉強しましょう。

OpenSeaで売るためのコツの本も出版されているので
読んで実践し、人気NFTアーティスト・クリエイターになってどんどん稼ごう!