ビットフライヤー

ビットフライヤーのスプレッドとは?【手数料が無料の理由】

ルリちゃん
ルリちゃん
ビットフライヤーのスプレッドってどんな意味?販売所手数料は無料だから気にしなくていいの?
こせい君
こせい君
販売所手数料が無料なのと、スプレッドは別だよ。詳しく説明するね。

 

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

 

この記事で紹介する「ビットフライヤーのスプレッドとは?」を知れば

暗号資産(仮想通貨)初心者でも

販売所手数料無料の理由が理解できますよ!

こせい君
こせい君
実際にボクはビットフライヤーで
暗号資産(仮想通貨)を購入しているよ。

記事前半ではそもそもスプレッドの意味を、

後半では手数料無料の理由、手数料を安くする方法を紹介するので、

じっくり読みこんでくださいね。

★1円から仮想通貨を始められる★

ビットフライヤーなら口座開設(無料)&1円から少額投資を始められます!

bitflyer


無料口座開設
方法を見る

 

 

そもそもスプレッドとは?

スプレッドとは「販売所形式」での取引で生まれる仲介手数料の事です。

ルリちゃん
ルリちゃん
販売所形式?

 

そもそも販売所形式とは?

ビットフライヤーで暗号資産(仮想通貨)を買うのに2つの方法があります。

「販売所取引」で購入

「取引所取引」で購入

「販売所取引」は、暗号資産交換業者(取引所)を仲介して行う取引のことで

つまり、ビットフライヤーと仲介して暗号資産(仮想通貨)を買う事を意味します。

「取引所」は暗号資産(仮想通貨)を「買いたい人」と「売りたい人」が

直接取り引きする事です。

 

スプレッドが発生するのは、「販売所取引」

ビットフライヤーが仲介しているため手数料がかかります。

 

 

「取引所」を使った場合「買いたい人」と「売りたい人」が

直接取引するのでスプレッドは発生しません。

 

ただし売買が成立した時に「取引手数料」が発生するので注意しましょう。

取引所手数料の場合はスプレッドと呼びません。

 

とはいえ取引所の手数料は安いので、ほとんどの人が取引所

暗号資産(仮想通貨)を購入しています。

 

結論を言うと、暗号資産(仮想通貨)は「取引所」を使えば手数料も安く

スプレッドを気にする必要はなくなります。

こせい君
こせい君
「取引所」を使えば全て解決。で話は終わってしまうんだけど、スプレッドも解説するね。

「スプレッド」と「手数料」の違いは?

実は「スプレッド」と「手数料」の言葉自体は同じ意味で

暗号資産(仮想通貨)で「スプレッド」を指す場合は

「販売所形式」の手数料の事を言います。

 

販売所手数料は無料に注意

暗号資産(仮想通貨)取引所の、手数料比較一覧表を見ると全て無料になっています。

ルリちゃん
ルリちゃん
どこも販売所手数料が無料なんてお得ね♪
こせい君
こせい君
実は無料にはワケがあるんだ。よーーーくココを見てみて。

「スプレッドをお客様にご負担いただいております。」

 

手数料が無料なのは、スプレッドで利益を得ているからなんです。

販売所の手数料が無料だけど、スプレッドは有料なのです。

 

ちなみに、ダマしているわけでなく違法でもありません。

ルリちゃん
ルリちゃん
わたし、取引所を使うわ・・・。

 

スプレッドの計算方法は?

スプレッドの計算式は以下になります。

購入した時の価格(Ask)-売却した時の価格(Bid)=スプレッド

ルリちゃん
ルリちゃん
わたし、計算はちょっと・・・取引所・・・
こせい君
こせい君
もうちょっと待って(汗)例文を出して解説するね

 

①1BTCを100万円で購入
②しかし手数料かかかり103万円
③1BTCを100万円で売る
④手数料がかかり実質97万円で売却

購入価格(103万円)-売却価格(97万円)=6万円のスプレッド

つまり6万円手数料を払っているしている事になります。

逆に言うと暗号資産(仮想通貨)からしたら6万円の利益が出ていて

だから手数料無料でも、会社はスプレッドで6万円の利益を得ている事になります。

 

ビットフライヤーのスプレッド一覧がない理由

ビットフライヤーのスプレッド一覧を探しても見つかりません。

これは、スプレッドの金額は購入と売却の差額で決まるので

固定されていないからです。

 

ビットフライヤーとそれ以外の暗号資産(仮想通貨)取引所では

スプレッドは変わりますが

暗号資産(仮想通貨)の相場に応じても変動します。

ルリちゃん
ルリちゃん
他の暗号資産(仮想通貨)取引所を使えばスプレッドを安くできるかも知れないけど、相場でも変動するから難しいわね。

 

何故スプレッドがあるの?

何故スプレッドがあるかと言うと

暗号資産(仮想通貨)取引所の「仲介手数料」だからです。

 

つまり、ビットフライヤーや、コインチェックなど暗号資産(仮想通貨)取引所は

会社なので利益を出さないといけないといけません。

そのため、スプレッドという形で利益を出しています。

こせい君
こせい君
ボランティア団体じゃないから、採算度外視で全て無料というわけにはいかないね。

ATMでお金を下すときも手数料がかかり

外国で円をドルに交換するにも、手数料がかかります。

 

それと同じで現金(法定通貨)と、暗号資産(仮想通貨)を

交換するのにも手数料がかかるんですね。

スプレッドを節約する3つの方法

スプレッドを節約する方法は以下3つです。

①「販売所」ではなく「取引所」を使う

②通貨ごとに取引所を変える

③取引量の多い取引所を利用

 

①「販売所」ではなく「取引所」を使う

最初に結論を言っていましたが、「販売所」ではなく「取引所」を使いましょう。

「取引所」ならそもそもスプレッドが発生しません。

 

「取引所」は「販売所」と比べて画面が難しそうなイメージがあるので
使いたがらない方もいますが、一度覚えてしまえば簡単です。

 

ビットフライヤーで「取引所」を使う方法は以下で解説しているので

サクっと覚えて節約しましょう!

ビットコイン・イーサリアム・リップルの主要3通貨を解説済です。

 

 

②通貨ごとに取引所を変える

扱う暗号資産(仮想通貨)によっては、

他の暗号資産(仮想通貨)取引所の方が安い場合があります。

スプレッドを安く節約したいなら、他の取引所を使ってみましょう。

 

ビットフライヤー以外に、コインチェックがあります。

口座開設がまだの方は、無料なのでサクっと開設しましょう。

 

口座開設方法がわからない方はこちらの記事を参考にして下さい。

【仮想通貨・NFT初心者が始める最初の1歩】コインチェック口座開設のやり方マニュアル・コインチェックで口座開設したいけどやり方がわからない ・最近NFTで絵を描いたら75億稼げるニュースを見て自分も挑戦したい ・NFTゲームで遊びながら稼ぐには仮想通貨が必要だから口座開設したい 私のような仮想通貨初心者でも簡単にできたので 実際に私が操作したスマホ画面を元に コインチェックの口座開設のやり方を解説します。...

 

③取引量の多い取引所を利用

スプレッドは買いと売りの差額で発生します。

なので、取引量が少ないと暴落した場合スプレッドが大きくなります。

取引量が多い暗号資産(仮想通貨)取引所を使いましょう。

ルリちゃん
ルリちゃん
最初からスプレッドが発生しない「取引所」を使えばいいのに。
こせい君
こせい君
まあそうなんだけど、スプレッドがどんなものか知っておくのも大切だよ。

【まとめ】

結論を言ってしまうと「取引所」を使えば、スプレッドは発生しないので

暗号資産(仮想通貨)初心者は、「取引所」で買いましょう。

まとめ

・スプレッドがない「取引所」を使う
・販売所手数料が無料でもスプレッドがかかるので注意
・スプレッドは買った時と売った時の差額

暗号資産(仮想通貨)を始めるなら

ビットフライヤー(bitflyer)で口座開設しましょう。

無料で開設でき、1円から買う事ができますよ。

 

こちらの記事でスクショ付で解説しているので、参考にしてみてください。

>>ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設手順はこちら

【登録無料】ビットフライヤー口座開設のやり方を実際のスクショ画像で解説暗号資産(仮想通貨)を始めようと思ってビットフライヤーで口座開設をしたいんだけどできるかしら? 実際にボクが口座開設したスクショを元にやり方を教えてあげるよ。もちろん登録は無料だよ。 この記事で紹介する「ビットフライヤーの口座開設やり方」を実践すれば、 初心者でも無料で登録することができますよ!...

 

暗号資産(仮想通貨)を勉強してから始めたい方は

初心者向けの書籍が出ているのでこちらの本を読んで勉強しましょう。