ビットフライヤー

【手数料無料に注意】ビットフライヤーのスプレッドとは?

ルリちゃん
ルリちゃん
ビットフライヤーのスプレッドってどんな意味?販売所手数料は無料だから気にしなくていいの?
こせい君
こせい君
販売所手数料が無料なのと、スプレッドは別だよ。詳しく説明するね。

 

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

 

この記事で紹介する「ビットフライヤーのスプレッドとは?」を知れば

暗号資産(仮想通貨)初心者でも

販売所手数料無料の理由が理解できますよ!

 

  •  このサイトを運営している人

 

こせい君
こせい君
実際にボクはビットフライヤーで
暗号資産(仮想通貨)を購入しているよ。

記事前半ではそもそもスプレッドの意味を、

後半では手数料無料の理由、手数料を安くする方法を紹介するので、

じっくり読みこんでくださいね。

 

「そもそも仮想通貨ってどうやって始めるの?」という方はこちらの記事で解説しているので、参考にしてみてください。

【口座手数料(0円)無料】仮想通貨の始め方・稼ぎ方かんたん5ステップ「・仮想通貨超初心者なんだけど、どうやって始めればいいの?」 「・仮想通貨でどうやって稼げばいいの?」実際に操作したスクショを元にわかりやすく解説します。...

 

仮想通貨を始める準備できましたか?

それでは早速、いきましょう♪

 

★口座開設・維持手数料が【0円】無料★

仮想通貨・NFTを同時に始めるならビットフライヤー

bitflyer

ビットフライヤー
公式サイト

【無料】口座開設方法を見る

そもそもビットフライヤーのスプレッドとは?

スプレッドとは「販売所形式」での取引で生まれる仲介手数料の事です。

ルリちゃん
ルリちゃん
販売所形式?
こせい君
こせい君
仮想通貨を購入する場所のことだよ。次で解説するね。

そもそもビットフライヤー「販売所形式」とは?

スプレッドについて理解する前に、ビットフライヤーで仮想通貨を購入(売却)する方法について解説します。

 

ビットフライヤー「販売所」と「取引所」

ビットフライヤーで暗号資産(仮想通貨)を買うのに2つの方法があります。

「販売所」で購入(売却)

「取引所」で購入(売却)

 

ビットフライヤー「販売所」

「販売所取引」は、暗号資産交換業者(取引所)を仲介して行う取引のことで

つまり、ビットフライヤーと仲介して暗号資産(仮想通貨)を買う事を意味します。

 

買いたい人と売りたい人の間に、ビットフライヤー(暗号資産交換業者)が仲介しているため、「仲介手数料」がかかるわけです。

 

この仲介手数料が「スプレッド」と呼ばれています。

 

スプレッド=「販売所」で売買した時の仲介手数料

 

ビットフライヤー「取引所」

「取引所」は暗号資産(仮想通貨)を「買いたい人」と「売りたい人」が

直接取り引きする事です。

 

スプレッドが発生するのは、「販売所取引」

ビットフライヤーが仲介しているため手数料がかかります。

 

 

「取引所」を使った場合「買いたい人」と「売りたい人」が

直接取引するのでスプレッドは発生しません。

 

ただし売買が成立した時に「取引手数料」が発生するので注意しましょう。

取引所手数料の場合はスプレッドと呼びません。

 

とはいえ取引所の手数料は安いので、ほとんどの人が取引所

暗号資産(仮想通貨)を購入しています。

 

結論を言うと、暗号資産(仮想通貨)は「取引所」を使えば手数料も安く

スプレッドを気にする必要はなくなります。

こせい君
こせい君
「取引所」を使えば全て解決。で話は終わってしまうんだけど、スプレッドも解説するね。

★口座開設・維持手数料が【0円】無料★

仮想通貨・NFTを同時に始めるならビットフライヤー

bitflyer

ビットフライヤー
公式サイト

【無料】口座開設方法を見る

「スプレッド」と「手数料」の違いは?

実は「スプレッド」と「手数料」の言葉自体は同じ意味で

暗号資産(仮想通貨)で「スプレッド」を指す場合は

「販売所形式」の手数料の事を言います。

 

ビットフライヤー「販売所」手数料は無料に注意

ビットフライヤー暗号資産(仮想通貨)取引所の、手数料比較一覧表を見ると「販売所手数料」が無量になっています。

引用:ビットフライヤー手数料一覧・税

 

ルリちゃん
ルリちゃん
どこも販売所手数料が無料なんてお得ね♪
こせい君
こせい君
実は無料にはワケがあるんだ。よーーーくココを見てみて。

 

「スプレッドをお客様にご負担いただいております。」

 

手数料が無料なのは、スプレッドで利益を得ているからなんです。

販売所の手数料が無料だけど、スプレッドは有料なのです。

 

ちなみに、ダマしているわけでなく違法でもありません。

ルリちゃん
ルリちゃん
わたし、取引所を使うわ・・・。

 

ビットフライヤー「スプレッド」の計算方法は?

スプレッドは以下計算式で出すことができます。

購入した時の価格(Ask)-売却した時の価格(Bid)=スプレッド

 

 

1ビットコイン=100万円の時に1BTCを購入した時を例にスプレッドを計算してましょう。

【1ビットコイン=100万円の時に1BTCを購入】
・「販売所」で購入すると購入金額(Ask)は実際の100万円よりも高い103万円

 

【1ビットコイン=100万円の時に1BTCを売却】
・「販売所」で売却すると売却金額(Bid)は100万円より安い97万円

 

103万円(Ask)-97万円(Bid)=6万円

つまり6万円のスプレッド(手数料が)発生してしまうのです。

 

逆に言うとビットフライヤーからしたら6万円の利益が出ているので

だから手数料無料でも、会社はスプレッドで6万円の利益を得ている事になります。

 

 

スプレッドの特徴

スプレッドには2つの特徴があります。

①仮想通貨取引所によってスプレッドの差がある。

②スプレッドは相場に応じても変動する。

 

①仮想通貨取引所によってスプレッドの差がある

1つ目の特徴は、スプレッド価格は暗号資産交換業者(取引所)によって異なります。

たとえ同じ価格で仮想通貨を売買したとしても、ビットフライヤーや、コインチェックなどの暗号資産(仮想通貨)取引所によってスプレッドは異なります。

ルリちゃん
ルリちゃん
じゃあ、スプレッドの安い暗号資産(仮想通貨)取引所を使えばいいの?

残念ながら、そう簡単な話ではありません。

 

②スプレッドは相場に応じても変動する

それが2つ目の特徴である、スプレッドの金額は暗号資産(仮想通貨)の相場に応じて変動するからです。

 

ビットフライヤーとそれ以外の暗号資産(仮想通貨)取引所では

スプレッドは変わりますが

暗号資産(仮想通貨)の相場に応じても変動します。

 

なので、「今日はビットフライヤーのスプレッドが安くても、明日はコインチェックの方が安かった」という場合もなります。

 

ルリちゃん
ルリちゃん
他の暗号資産(仮想通貨)取引所を使えばスプレッドを安くできるかも知れないけど、相場でも変動するから難しいわね。

 

 

何故スプレッドが発生するの?

何故スプレッドがあるかと言うと

暗号資産(仮想通貨)取引所の「仲介手数料」だからです。

 

つまり、ビットフライヤーや、コインチェックなど暗号資産(仮想通貨)取引所は

会社なので利益を出さないといけないといけません。

そのため、スプレッドという形で利益を出しています。

こせい君
こせい君
ボランティア団体じゃないから、採算度外視で全て無料というわけにはいかないね。

ATMでお金を下すときも手数料がかかり

外国で円をドルに交換するにも、手数料がかかります。

 

それと同じで現金(法定通貨)と、暗号資産(仮想通貨)を

交換するのにも手数料がかかるんですね。

スプレッドを節約する5つの方法

スプレッドを節約する方法は以下3つです。

①「販売所」ではなく「取引所」を使う

②通貨ごとに取引所を変える

③取引量の多い取引所を利用

④チャートの変動が小さいタイミングで売買する

⑤取引の回数を極力減らす

 

①「販売所」ではなく「取引所」を使う

最初に結論を言っていましたが、「販売所」ではなく「取引所」を使いましょう。

「取引所」ならそもそもスプレッドが発生しません。

 

「取引所」は「販売所」と比べて画面が難しそうなイメージがあるので
使いたがらない方もいますが、一度覚えてしまえば簡単です。

 

ビットフライヤーで「取引所」を使う方法は以下で解説しているので

サクっと覚えて節約しましょう!

ビットコイン・イーサリアム・リップルの主要3通貨を解説済です。

 

 

②通貨ごとに取引所を変える

扱う暗号資産(仮想通貨)によっては、

他の暗号資産(仮想通貨)取引所の方が安い場合があります。

スプレッドを安く節約したいなら、他の取引所を使ってみましょう。

 

ビットフライヤー以外に、コインチェックがあります。

口座開設がまだの方は、無料なのでサクっと開設しましょう。

 

口座開設方法がわからない方はこちらの記事を参考にして下さい。

【0円無料】コインチェック口座開設の始め方(実際の画像で解説)・コインチェックで口座開設したいけどやり方がわからない ・最近NFTで絵を描いたら75億稼げるニュースを見て自分も挑戦したい ・NFTゲームで遊びながら稼ぐには仮想通貨が必要だから口座開設したい 私のような仮想通貨初心者でも簡単にできたので 実際に私が操作したスマホ画面を元に コインチェックの口座開設のやり方を解説します。...

 

③取引量の多い取引所を利用

スプレッドは買いと売りの差額で発生します。

なので、取引量が少ないと暴落した場合スプレッドが大きくなります。

取引量が多い暗号資産(仮想通貨)取引所を使いましょう。

ルリちゃん
ルリちゃん
最初からスプレッドが発生しない「取引所」を使えばいいのに。
こせい君
こせい君
まあそうなんだけど、スプレッドがどんなものか知っておくのも大切だよ。

 

④チャート(価格)の変動が小さいタイミングで売買する

チャート(価格)の変動が小さい時に、仮想通貨を売買するとスプレッドを安く抑えることができます。

ルリちゃん
ルリちゃん
チャート(価格)の変動が小さいタイミングって?

 

チャートの変動が小さいタイミングは、「取引が活発になっている事」「大きなニュース」がないことがあげられます。

 

18時以降は、取引が活発んになりやすいので、スプレッドを小さくすることができます。

 

逆に以下の条件の場合は取引を避けましょう。

取引を避けるタイミング

①世界的に大きなニュースがあった
②影響力のあるインフルエンサーによる発信
③取引量の少ない深夜~早朝などの時間帯

2022年は、世界大手の仮想通貨取引所「FTX」が破産したことで、仮想通貨の価格が大暴落した事がありました。

 

仮想通貨が暴落しただけでなく、スプレッドも大きく変動したので、売却して損失がでただけでなく、スプレッドによる手数料も大幅に取られ、二重に損失が出た人もいます。

十分に注意しましょう。

 

⑤取引の回数を極力減らす

ビットフライヤー「販売所」での取引を極力減らすのもスプレッドの節約になります。

なぜなら、取引ごとにスプレッドが発生するからです。

ルリちゃん
ルリちゃん
銀行ATMで何度も現金を引き出したら手数料がたくさん発生するのと同じね。

ある程度まとまった価格で取引を行い、ビットフライヤー販売所での取引回数を減らしましょう。

 

販売所」より「取引所」で売買する

「販売所」で売買するとどうしても手数料の高い、スプレッドが発生してしまいます。しかし、「取引所」で売買すればスプレッドが発生しません。

 

なぜなら、スプレッドは「仲介手数料」のため、ユーザー同士で取引する「取引所」ではスプレッドが発生しません。

 

もちろん「取引所」で売買した場合は「取引手数料」が発生しますが0.01~0.15%と、かなり安いです。

 

一方「販売所」は価格変動によって変わるので、はっきりいえないですが1.5~4%ほどです。

 

ただ取引所では、扱っている仮想通貨の種類が限らたり、最低購入金額が販売所より高い。また、操作が難しいというイメージがあります。

 

仮想通貨のスプレッドが小さい暗号資産(仮想通貨)取引所3選別

スプレッドを小さくするには、価格レートを見るのも大切ですが、暗号資産交換業者(取引所)を選ぶことも大切ですよ。

ここでは、おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所3つを以下のとおりご紹介します。

こせい君
こせい君
スプレッドは、価格レート変動のタイミングや、暗号資産(仮想通貨)取引所によっても変動するよ。

 

スプレッドを抑えるには1つを選ぶではなく、複数登録しておき、購入のたびに確認しましょう。

スプレッドが小さい暗号資産(仮想通貨)取引所2選

・ビットフライヤー(bitFlyer)
・コインチェック(Coincheck)

①ビットフライヤー(bitFlyer)

bitflyer

1つめのスプレッドが小さい、暗号資産(仮想通貨)取引所はビットフライヤー(bitFlyer)です。特徴としては、以下になります。

 

・ビットコイン取引量6年連続No.1
・NFTに必要な仮想通貨イーサリアム(ETH)が「取引所」に対応

 

仮想通貨の取引量が多いほど、仮想通貨の価格差が小さくなるので、スプレッドも小さくなります。なのでビットコイン取引量が多いとビットフライヤーでは、スプレッドを小さく抑えることができます。

 

また、NFT(OpenSea)の売買に必要な仮想通貨イーサリアム(ETH)が手数料の安い「取引所(bitFlyer Lightning)」に対応しています。

 

 

よって、仮想通貨とNFTを同時に始めたいならビットフライヤーをつかいましょう。

今なら、招待コードを使って【無料】口座開設すれば、ビットコインがもらえるキャンペーンを実施中です。

★口座開設・維持手数料が【0円】無料★

仮想通貨・NFTを同時に始めるならビットフライヤー

bitflyer

ビットフライヤー
公式サイト

【無料】口座開設方法を見る

 

②コインチェック(Coincheck)

コインチェック

 

スプレッドが小さい暗号資産(仮想通貨)取引所2つ目は、コインチェック(Coincheck)です。

特徴としては、以下になります。

 

・アプリダウンロード数No.1
・ビットコイン「取引所」手数料無料

 

スマホで簡単に仮想通貨の売買ができる、ビットコイン公式アプリの利用者が多く、自然と取引量も多くなるため、スプレッドの変動も小さいです。

 

また、ビットコインに関しては、「取引所」での手数料が無料です。

 

なので、ビットコイン投資を始めたいなら、コインチェック(Coincheck)を使いましょう。

★口座開設・維持手数料が【0円】無料★

コインチェックならアカウント作成(口座開設・維持)手数料が無料です

コインチェック

コインチェック公式サイト

【無料】コインチェック
口座開設方法を見る

 

スプレッドが小さい暗号資産(仮想通貨)3選別

暗号資産(仮想通貨)の種類によっても、スプレッドは異なります。ポイントは取引量がおおい資産(通貨)を選ぶことです。

 

スプレッドが小さい暗号資産(仮想通貨)3選

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)

 

①ビットコイン(BTC)

ビットコインは、暗号資産(仮想通貨)の誕生と同時に生まれた、資産(通貨)です。

なので、取引量も世界で一番多いです。

 

仮想通貨と言えば、ビットコインを思っている人も多いはずです。

買いたい人や売りたい人も世界でたくさんいて、取引量も多いためスプレッドが小さくなります。

 

②イーサリアム(ETH)

ビットコインの次に取引量が多い暗号資産(仮想通貨)です。

最近では、NFT(OpenSea)の売買で、使われるので人気が高まってきています。

 

私がで使っているアイコンも、NFTで作られており、イーサリアム(ETH)を使って購入しました。

 

よって、こちらも取引量が多いためスプレッドが小さくなります。

 

③リップル(XRP)

リップルは「ブリッジ通貨」として、国際送金の手段としても扱われているのが特徴で、送金速度が速くコストが安いため人気の暗号資産(仮想通貨)となっています。

 

かなり低額なため、少額投資に向いています。

 

仮想通貨のスプレッドQ&A

仮想通貨のスプレッドって何?

こせい君
こせい君
スプレッドとは、「販売所」の売買で発生する手数料のことだよ。「購入金額(Ask)-売却金額(Bid)」で求めることができるけど高いんだ。手数料を安く抑えたいなら「取引所」をつかうといいよ。

仮想通貨によってスプレッドは異なるの?

こせい君
こせい君
スプレッドは暗号資産(仮想通貨)の取引量に影響されるんだ。だから取引量の多い暗号資産(仮想通貨)を選ぶとスプレッドを小さくできるよ。

 

スプレッドが安い暗号資産(仮想通貨)取引所はどれ?

こせい君
こせい君
スプレッドは、暗号資産(仮想通貨)だけじゃなく、暗号資産(仮想通貨)の取引量や価格差でも変わってくるので、どれがいいとは言えないんだ。だけど、取引量が多い暗号資産(仮想通貨)取引所を使えば、スプレッドを小さくできるよ。

スプレッドと手数料の違いは?

こせい君
こせい君
実を言うと、スプレッドも手数料のことなんだよ。呼び方が違うだけなんだ。ただ、「販売所」で発生するスプレッドは高いので、手数料の安い「取引所」を使う事をおすすめするよ。

 

【まとめ】

結論を言ってしまうと「取引所」を使えば、スプレッドは発生しないので

暗号資産(仮想通貨)初心者は、「取引所」で買いましょう。

まとめ

・スプレッドがない「取引所」を使う
・販売所手数料が無料でもスプレッドがかかるので注意
・スプレッドは買った時と売った時の差額

「暗号資産(仮想通貨)を始めたいな!」という方は、以下記事で仮想通貨の始め方を確認してみてください!

https://koseiblog.com/virtualcurrency-start/

「NFTの始め方を知りたい!」という方は、以下記事を読んでみてくださいね!

NFT始め方総合マニュアル【ビットフライヤーver】口座開設~OpenSea販売・購入までの6ステップ「・ビットフライヤーを使ってNFTを始めたいけどどうやるの? NFTの購入、販売にはイーサリアム(ETH)が必要なんだ。1から1つずつ解説するね。」この記事では、ビットフライヤーを使ってNFTを始める方法をを解説します。...