ビットフライヤー

ビットフライヤーの取引所で買えるのはビットコインだけ?

ルリちゃん
ルリちゃん
・ビットコインの取引所で買えるのはビットコインだけなの?他の暗号資産(仮想通貨)は取引所で買えないの?
こせい君
こせい君
イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)も取引所で買えるよ。詳しく解説していくね。

こんな悩みを抱えていませんか?

実は、この記事で紹介する「ビットフライヤーの取引所で買えるのはビットコインだけ?」を実践すれば

ビットフライヤー初心者でもイーサリアムやリップルを取引所で購入できます。

こせい君
こせい君
なぜならボクは、ビットフライヤーでイーサリアムやリップルを取引所で購入しているんだ。

 

この記事では、ビットフライヤーで、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)を
取引所で購入できるのか解説します。

この記事で解決できる悩み

・ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)を「取引所」で購入できるのかがわかる
・ビットコイン以外「取引所」の使い方がわかる
アプリ(スマホ)版、web(PC)版で使える、使えない機能がわかる

 

★1円から仮想通貨を始められる★

ビットフライヤーなら口座開設(無料)&1円から少額投資を始められます!

bitflyer


無料口座開設
方法を見る

 

 

ビットコイン以外の取引所は「ビットフライヤーライトニング(Lightning)」を使う

結論を言うと、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)を取引所で買う場合は「ビットフライヤーライトニング(Lightning)」を使いましょう。

理由は、ビットフライヤーライトニング(Lightning)がメインの取引所だからです。

実際に、ビットフライヤーライトニング(Lightning)の、イーサリアム(ETH)画面を見てみると、「売り」「買い」注文ボタンがあり、取引板もしっかり表示されています。

ルリちゃん
ルリちゃん
ビットフライヤーには「取引所」の画面があるわよね?
こせい君
こせい君
「取引所」が使えるのはビットコインだけなんだ。それ以外はライトニング(Lightning)を使うんだよ。

 

ビットフライヤーの「取引所」はビットコイン(BTC)のみです。イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などの暗号資産(仮想通貨)は、ビットフライヤーライトニング(Lightning)を使いましょう。

 

ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)「取引所」は、 ビットフライヤーライトニング(Lightning)を使う。

 

ビットフライヤーライトニング(Lightning)で取り扱える暗号資産(仮想通貨)

ビットフライヤーライトニング(Lightning)に対応した暗号資産(仮想通貨)は以下です。

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ネム(XLM)
・モナ(MONA)

イーサリアム・リップルなど主要な暗号資産(仮想通貨)は、ライトニング(Lightning)つまり取引所に対応しています。

ルリちゃん
ルリちゃん
あれ?ビットコインって専用の「取引所」があるけど、ライトニング(Lightning)でも使えるのね。なにか違いがあるの?

 

ビットコイン取引所は、「指値注文」のみ対応

「ビットコイン取引所」は、指値注文しか対応していません。

ルリちゃん
ルリちゃん
じゃあ、ビットコイン取引所で成行注文したい人は?
こせい君
こせい君
その場合は、ビットフライヤーライトニング(Lightning)を使おう。

 

ビットコイン取引所で「成行注文」する場合は、ビットフライヤーライトニング(Lightning)を使う

ビットコイン取引所で「成行注文」をしたい場合は、ビットフライヤーライトニング(Lightning)を使いましょう。

上の画面の通り、ビットコインを取引所で買う場合も「成行」のボタンが表示されます。後は数量を入力すれば売買可能です。

 

ビットフライヤーライトニング(Lightning)アプリ(スマホ)版とweb(PC)版の違い

アプリ(スマホ)版は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のみ対応

ビットフライヤーライトニング(Lightning)のアプリ(スマホ)版は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のみ対応しています。

上の画面のように、実際にLightningを開くと、ビットコインとイーサリアムのみ表示されます。

 

web(PC)版は全て対応

リップル(XRP)・ネム(XLM)・モナ(MONA)の取引所を使う場合は、web(PC)版を使いましょう。

web版で、ビットフライヤーライトニング(Lightning)を開き、「現物」にカーソルを合わせると、対応する暗号資産(仮想通貨)が表示されるので、取引したい通貨をクリックしましょう。

※注意するのは「JPY(日本円)」を選びましょう。JPY以外は、仮想通貨を仮想通貨で購入する取引になっていしまいます。

 

ビットコイン・イーサリアム・リップルを「取引所」で購入する方法

最後にビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)を「取引所」で購入する方法を紹介します

ビットコインを取引所で購入する方法は、以下記事を参考にしてみてください。

【スマホで簡単】ビットフライヤーの取引所でビットコインの買い方「ビットフライヤーの「取引所」でビットコインを買いたいんだけどどうやって買えばいいの?」「ビットフライヤーの取引所はスマホに対応済だから、簡単に購入できるんだ。しかも手数料が安い!実際の購入画面を元に解説するね。」...

※ビットコインを「成行注文」したい人は、ビットフライヤーライトニング(Lightning)を使いましょう。

 

イーサリアム(ETH)を取引所で購入する場合は、ビットフライヤーライトニング(Lightning)を使いましょう。アプリ(スマホ)版に対応済です。

ビットフライヤー「イーサリアム」を手数料が安い「取引所」での買い方「ビットフライヤーーでイーサリアム(ETH)の買い方がわからないんだけど、どうすればいいのかしら?」「手数料の安い「取引所」がいいよ。ビットフライヤーは対応済なんだ。」この記事ではビットフライヤー(bitFlyer)で手数料の安い「取引所」でイーサリアムを買う方法を解説します。...

 

最後にリップル(XRP)を取引所で購入する方法です。web(PC)版のみ対応なので注意しましょう。

【簡単3ステップ】ビットフライヤーの取引所でリップルを買う方法・ビットフライヤーの「取引所」でリップルを買いたいんだけどどうやるの? ・日本円の入金方法がわからないの・・・ ボクが実際に取引所で購入した時の画面を元に解説するね。 この記事ではビットフライヤーの取引所でリップルの買い方について解説します。...

 

【まとめ】

まとめ

・ビットコイン以外の取引所は「ビットフライヤーライトニング(Lightning)」を使う
・ライトニング(Lightning)取引所で使えるのは、ビットコイン含め5種類
・アプリ(スマホ)版と、web(PC)版で対応する仮想通貨が違うので注意

暗号資産(仮想通貨)を始めるなら
ビットフライヤー(bitflyer)で口座開設しましょう。
無料で開設でき、1円から買う事ができますよ。

 

こちらの記事でスクショ付で解説しているので、参考にしてみてください。

>>ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設手順はこちら

【登録無料】ビットフライヤー口座開設のやり方を実際のスクショ画像で解説暗号資産(仮想通貨)を始めようと思ってビットフライヤーで口座開設をしたいんだけどできるかしら? 実際にボクが口座開設したスクショを元にやり方を教えてあげるよ。もちろん登録は無料だよ。 この記事で紹介する「ビットフライヤーの口座開設やり方」を実践すれば、 初心者でも無料で登録することができますよ!...

 

暗号資産(仮想通貨)を勉強してから始めたい方は

初心者向けの書籍が出ているのでこちらの本を読んで勉強しましょう。