OpenSea

【5000円は必要】OpenSeaで販売する時、初回のみかかるガス代はいくら?

ルリちゃん
ルリちゃん
・Openseaで初回のみかかるガス代っていくらかかるの?
こせい君
こせい君
時期によって変わるけど約4200円かかるよ。念のため5000円位は用意しておくといいよ。

実は、この記事を読むと、

OpenSeaで初回のみかかるガス代はいくらなのかわかります。

 

こせい君
こせい君
実際に、ボクはたくさんのNFT写真をOpenSeaで出品しているよ。

この記事を読み終えると?

・OpenSeaで初回で出品するガス代がわかる。

 

さっそく、openseaで販売する時、初回のみかかるガス代について

これから詳しくご紹介します。

 

「そもそも仮想通貨ってどうやって始めるの?」という方はこちらの記事で解説しているので、参考にしてみてください。

【口座手数料(0円)無料】仮想通貨の始め方・稼ぎ方かんたん5ステップ「・仮想通貨超初心者なんだけど、どうやって始めればいいの?」 「・仮想通貨でどうやって稼げばいいの?」実際に操作したスクショを元にわかりやすく解説します。...

 

仮想通貨を始める準備できましたか?

それでは早速、いきましょう♪

 

★口座開設・維持手数料が【0円】無料★

仮想通貨・NFTを同時に始めるならビットフライヤー

bitflyer

ビットフライヤー
公式サイト

【無料】口座開設方法を見る

openseaで初回のみかかるガス代は約4200円

openseaで初回のみ出品(販売)する場合の手数料は、約4200円です。

※2022年3月時点

 

上の画像は、私が始めてopenseaでNFTを出品した時のガス代金です。

約4200円かかったので、約5000円の仮想通貨(イーサリアム)

を用意しておく必要があります。

 

さらに、仮想通貨取引所からウォレットへの送金などでも手数料が取られるので

余裕を見て1万円分の仮想通貨は用意しておくといいです。

 

2回目以降の出品ガス代は無料

openseaで初回販売時はガス代がかかりますが、2回目以降は無料です。

正確に言うと、NFT作品が売れたときの売上の数%を手数料として取られます。

 

OpenSeaを始めるための事前準備

OpenSeaを利用するためには

・ウォレット(お財布)
・暗号資産(仮想通貨)

が必要です。

必要な準備の手順をまとめると、

くわしいまとめページは以下で解説しています。
1~6を先に済ませてから本ページにもどってきて読み進めてください。

→ OpenSea始め方マニュアル

【NFT初心者向け】OpenSeaの使い方・始め方完全マニュアル・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...

【まとめ】

まとめ

・opensea初回ガス代は約4200円
・2回目以降は無料

「NFT(OpenSea)の始め方を知りたい!」という方は、以下記事を読んでみてくださいね!

NFT始め方総合マニュアル【ビットフライヤーver】口座開設~OpenSea販売・購入までの6ステップ「・ビットフライヤーを使ってNFTを始めたいけどどうやるの? NFTの購入、販売にはイーサリアム(ETH)が必要なんだ。1から1つずつ解説するね。」この記事では、ビットフライヤーを使ってNFTを始める方法をを解説します。...