NFT・仮想通貨

openseaで販売する時、初回のみかかるガス代はいくら?

この記事で解決できるお悩み

・openseaで初回のみかかるガス代っていくら?

実は、この記事を読むと、
openseaで初回のみかかるガス代金がわかります。

なぜなら、私はopenseaでたくさんのNFT写真をopenseaで出品しています。

この記事を読み終えると?

・openseaで初回で出品するガス代がわかる

さっそく、openseaで販売する時、初回のみかかるガス代について
これから詳しくご紹介します。

openseaで初回のみかかるガス代は約4200円

openseaで初回のみ出品(販売)する場合の手数料は、約4200円です。
※2022年3月時点

上の画像は、私が始めてopenseaでNFTを出品した時のガス代金です。
約4200円かかったので、約5000円の仮想通貨(イーサリアム)
を用意しておく必要があります。

さらに、仮想通貨取引所からウォレットへの送金などでも手数料が取られるので
余裕を見て1万円分の仮想通貨は用意しておくといいです。

2回目以降の出品ガス代は無料

openseaで初回販売時はガス代がかかりますが、2回目以降は無料です。
正確に言うと、NFT作品が売れたときの売上の数%を手数料として取られます。

【まとめ】

まとめ

・opensea初回ガス代は約4200円
・2回目以降は無料

NFTマーケット世界最大手のOpenSeaでは、イラスト・写真・音楽だけでなく
NFTゲームで育てたキャラや、レアアイテムは、売ったり買ったりする事ができます。

Openseaを始め方・出品(販売)・購入方法を1つにまとめたマニュアルも用意しました。
売れるゲームアイテムがそろったら、こちらを参考に売ってみましょう。

OpenSea始め方マニュアル

「初心者が実践済」OpenSeaの始め方【仮想通貨口座開設~出品・販売まで】・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...

OpenSeaで出品・販売ができるようになったら
稼げるようになるためのコツを勉強しましょう。

OpenSeaで売るためのコツの本も出版されているので
読んで実践し、人気NFTアーティスト・クリエイターになってどんどん稼ごう!