NFT・仮想通貨

OpenSeaの出品手数料(ガス代)は?【初回無料・2回目は約4000円】

この記事ではOpenSeaの出品手数料(ガス代)について解説します!

・Openseaの出品手数料(ガス代)は?
・無料、有料と情報が飛び交ってるけどどっちが正しいの?

という悩みを解決できる記事となっております。

私も実際にOpenSeaでNFT写真を出品・販売しています。

なので、ガス代がいくらかかるのか?
何が無料で有料なのか?把握しています。

この記事を読み終えることで、以下のような悩みが解決できます。

この記事を読むと?

・OpenSeaで出品する時の手数料(ガス代)がわかる
・何が無料で有料なのかがわかる

記事の前半では、無料・有料の違いを解説しつつ、
記事の後半では、有料の場合の料金(ガス代)がいくらなのかを解説します。

では、OpenSeaの出品手数料(ガス代)ついて、これから詳しくお伝えしていきます。

OpenSeaの出品手数料は無料

私がお試しでOpenseaに出品した写真の画像ですが
出品(アップロード)する場合は無料でできます。

勘違いしてしまうのは、「出品=無料」「(初回)販売=有料」です。
なので、1円もお金をかけたくないなら、まずはOpenSeaに出品だけ
やってみましょう。

OpenSeaの初回販売手数料は有料(ガス代かかる)

OpenSeaで出品するのは無料ですが、販売は有料です。
しかも、初回のみ有料です。

写真は、私がはじめて(初回)OpenSeaを販売した時の
手数料です。

2022年3月時点での手数料は約0.013ETH(約4000円)です。
(当時は世界で大変な出来事がり大暴落してたので安かったです。)

なので、Openseaで販売する場合は、あらかじめ約4000円以上
仮想通貨を用意しておきましょう。(イーサリアムがおすすめです。)

OpenSeaの2回目以降の販売手数料は無料

OpenSeaの販売も、2回目以降は無料です。
正確には売れた場合、売上げの数パーセントが引かれる形になりますが
あまり気になりません。

なので、私もどんどん写真をOpenSeaを出品しています。

【まとめ】

まとめ

・OpenSeaの「出品」は無料。
・OpenSeaの初回販売は手数料(ガス代)約4000円かかる
・2回目以降の販売は無料

自分もOpenSeaでNFTアート・イラスト・写真を出品したい。
そんなあなたに、OpenSeaで出品するマニュアルを作成しました。
マニュアルを参考にOpenseaデビューしましょう!

「初心者が実践済」OpenSeaの始め方【仮想通貨口座開設~出品・販売まで】・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...