アフィリエイト広告を利用しています。

仮想通貨

【利子3~7%!?】初心者向けステーキング仮想通貨を徹底解説!

ルリちゃん
ルリちゃん
銀行の利子みたいに仮想通貨を預けるだけで報酬がもらえるサービスがあるってほんと?
・仮想通貨ステーキングのやり方、報酬の受け取り方を知りたい
ステーキングできる仮想通貨ってどれ?
・仮想通貨ステーキングにはどんなリスクがあるの?
こせい君
こせい君
銀行の低金利より全然高いステーキング仮想通貨もあるんだ。種類・やり方を紹介するね。

こんな悩みを抱えていませんか?

実は、この記事で紹介する「【利子3~7%!?】初心者向けステーキング仮想通貨を徹底解説!」を実践すれば、誰でも銀行の利子のように、仮想通貨を持っているだけで報酬がもらえ、稼ぐことができます。

 

この記事で解決できる悩み

・仮想通貨ステーキングのメリット・デメリットがわかる
・仮想通貨をステーキングして報酬をもらい収益を増やすことができる
・ステーキングできる仮想通貨取引所と種類がわかる
・ステーキングのリスクや注意点を知り、対策して損失を防げる

★口座開設・維持手数料が【0円】無料★

コインチェックならアカウント作成(口座開設・維持手数料)が無料です

コインチェック

コインチェック公式サイト

【無料】でコインチェック
口座開設する方法を見る

 

そもそも仮想通貨ステーキングとは?

仮想通貨ステーキングの基本的な仕組み

仮想通貨ステーキングの仕組みですが、仮想通貨を一定期間持っている人が報酬がもらえる仕組みです。専門的な話をすると「PoW」「PoS」など専門的な話になるのでここでは省略します。

 

ブロックチェーン・マイニングなど、ステーキングに関して専門的な知識が知りたい場合は以下youtube動画を参考にしてください。

 

仮想通貨初心者が知っていて欲しいのは

 

ステーキングできる専用の仮想通貨を一定期間持っていると、銀行の利子のように報酬がもらえる

 

これを知っておけばOKです。

 

動画だと、投票して当選した人から分配してもらうとか解説していますが、それらを代行してやってくれるサービスを紹介するので、本当に仮想通貨持っているだけで報酬がもらえる方法だけ解説します。

 

仮想通貨ステーキングのメリットとデメリット

仮想通貨ステーキングのメリットは、以下になります。

仮想通貨ステーキングのメリット

・一定期間持っていると報酬がもらえる
・仮想通貨値上がりによってさらにもらえる報酬が増える

銀行の利子のように、仮想通貨を一定期間持っていると報酬がもらえるのが最大のメリットで

さらに仮想通貨が値上がりすれば、報酬額も値上がりするのでさらに稼ぐことができます。

 

 

一方、デメリットは以下になります。

仮想通貨ステーキングのデメリット

・仮想通貨が値下がりすることがある
・ステーキング期間中は、ステーキングした仮想通貨を自由に動かすことができない。

値上がりすれば報酬がもらえますが、当然逆に値下がりすればもらえる報酬も減ります。
メリットでもあり、デメリットでもある特徴ですね。

 

また、仮想通貨ステーキングは、一定期間持っていると報酬がもらえる仕組みなので
期間中は仮想通貨の送金・売買など移動させることはできません。

 

以上のようなメリットとデメリットがあるため、ステーキングを行う前にはメリット・デメリットを理解した上で自分にあった方法を選びましょう。

 

ステーキングできる仮想通貨

では、持っている(ステーキング)だけで報酬がもらえる仮想通貨を紹介します。

コインの発行の経緯・技術の説明は難しいので、ここでは、対応している仮想通貨取引所・年利・必要所有数量・保有期間を紹介します。

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)は以下取引所で購入できます。

GMOコインの場合は、年利3.0%の場合、1ADAで46円もらえる計算です。

 

BITPOINT(ビットポイント)の場合は、年利最大5.3%もらえます。

 

テゾス(XTZ)

テゾス(XTZ)は以下取引所で購入できます。

テゾスの年利は3.0%とかなり高く、年間計算だと157円とかなり高いです。

 

シンボル(XYM)

シンボル(XYM)は以下取引所で購入できます。

シンボル(XYM)の年利は3.8%と相当高く、年間計算だと5円とかなり高いです。多数購入すると、大きな利益がありそうです。

 

 

 

Lisk(リスク)【サービス停止中】

Lisk(リスク)購入できる仮想通貨取引所・必要所有額・ステーキング期間を紹介します。

・対応している取引所:
コインチェック(Coincheck)、ビットフライヤー(bitFlyer)

ただ、残念ながらLisk本体の仕様変更により、どちらもサービスが停止しています。

引用:コインチェック

引用:ビットフライヤー

 

再開は未定なので、いまは購入するのを控えましょう。

 

仮想通貨ステーキングに対応した取引所

GMOコイン

GMOコイン

日本の仮想通貨所で、多くの仮想通貨ステーキングを扱ってるのがGMOコインです。対応仮想通貨ステーキングは6種類です。

ステーキングに対応した仮想通貨

・エイダコイン
・テゾス
・シンボル
・クアンタム
・ポルカドット
・コスモス

ステーキングに関しても、特別な設定はなく上記6つの仮想通貨を購入し、一定期間保持するだけで報酬がもらえます。

 

保有期間は1ヵ月で、月末締めの翌月10日に報酬が貰えます。

 

GMOコインの口座開設・維持手数料は0円無料なので、まずは少額で仮想通貨をステーキングして、報酬をゲットしましょう。

 

\口座開設・維持手数料【0円】無料/

GMOコイン公式サイト

 

 

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

ビットポイントは「カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)」に対応しており、利率は最高5.3%とかなり高いです。

 

 

保有期間は1ヵ月で、毎月24日に報酬が貰えます。

 

注意してほしいのは、エイダコインを購入するだけでなく、入出金設定でステーキングを「ON」にするのを忘れないようにしましょう。

引用:MAYUKO ILLUSTRATION

 

BITPOINT(ビットポイント)の口座開設・維持手数料は0円無料なので、まずは少額で仮想通貨をステーキングを試してみましょう。

 

\口座開設・維持手数料【0円】無料/

BITPOINT公式サイト

 

 

仮想通貨ステーキングのリスクと注意点

銀行の利子みたいに、仮想通貨を持っているだけで報酬がもらえるなんてラッキーじゃん!・・・と言いたいところですが、当然リスクや注意点もあります。

 

仮想通貨ステーキングのリスク

価格変動リスク

仮想通貨を一定保有していれば報酬がもらえすが、しかし仮想通貨そのものが値下がり、暴落してしまったら・・・

 

いくら報酬がもらえても意味がありません。ステーキングを始める前に対象の仮想通貨の相場が暴落または値下がり傾向にないかチェックしておきましょう。

 

システムリスク

ステーキングはプログラムで動いているので、システム障害が起きたりメンテナスが発生すると、利用できなくなったり、資産が失われる可能性があります。

 

特に海外の仮想通貨取引所は、保証してくれる可能性はかなり低いです。

かつて海外の大手仮想通貨取引所FTXが突如破産して、預けた仮想通貨が戻ってこない・・・なんてニュースも流れました。

 

大手の国内仮想通貨取引所を利用しましょう。

 

ハッキングリスク

せっかく仮想通貨を購入・ステーキングして報酬を貰っても、ハッキング詐欺で盗まれる可能性があります。

 

セキュリティ対策がしっかりとされた仮想通貨取引所を使っていても、詐欺でダマされてしまうことも・・・

 

本当はインターネットに接続しない「コールドウォレット」に保管したいですが、そうすると仮想通貨のステーキングが使えなくなってしまいます。

 

なので複雑なパスワードや、2段階認証などのセキュリティ対策を行いましょう。

 

 

仮想通貨ステーキングの注意点

必要な資金や手数料

仮想通貨ステーキングを始めるには、そもそも仮想通貨を購入する必要がります。それだけのお金も必要です。

 

ビットポイント(BITPOINT)の様にステーキング手数料が無料のところもありますが、GMOコインの場合は、ステーキングの報酬から手数料を差し引かれます。

 

ステーキング処理を代わりに行ってくれているので、仕方ないですね。

ルリちゃん
ルリちゃん
じゃあ自分でステーキングをすれば手数料がかからないからっ自分でやればいいのかしら?
こせい君
こせい君
例えばLISKならパソコン「LSK Wallet」という専用ウォレットをいれて、Voteと言う投票を行えばもらえるよ。他の仮想通貨もそれぞれで行う必要があるよ。
ルリちゃん
ルリちゃん
すいません。手数料払うので代わりにステーキングしてください・・・。

 

ステーキング期間

仮想通貨ステーキングは、一定期間保有すると報酬がもらえる仕組みで、短いと1ヵ月位ですが、中には数か月と長い期間保有する必要がある仮想通貨もあるので、購入前に保有期間がどのくらいなのか?チェックしておきましょう。

 

報酬の受け取り方

ステーキングの報酬はもちろん、仮想通貨で支払われますが、その直後に暴落する可能性もあります。報酬をもらったらすぐに売却して日本円に替えてもいいですが、もちろん税金も発生します。

 

もらった報酬をどうするのか?適切な取引戦略を考える必要があります。

 

仮想通貨ステーキングのQ&A

Q1.ステーキングを始める前にはいくら必要ですか?

いくら必要かは、購入するステーング仮想通貨によって異なります。

 

例えば、カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)は2023年2月26日現在で、1ADA=49円です。

 

自分が購入したい分の仮想通貨の数量と日本円を換算し、事前に入金しましょう。

 

Q2. ステーキングのセキュリティ対策は大丈夫?

オンライン上で取引する以上、ハッキングされる可能性はゼロではありません。複雑なパスワードや、2段階認証の設定を行いましょう。

 

また、セキュリティ対策はバッチリでも、詐欺でダマされる可能性もあります。詐欺のトラブル事例や対策もしっかり勉強しましょう。

 

Q3. ステーキングによる報酬はどのように受け取れますか?

基本的に、ステーキング対象の仮想通貨を購入し、一定期間保持していれば報酬がもらえます。中には手動で報酬を受け取る場合もありますが、仮想通貨取引所の公式サイトをチェックしておきましょう。

 

まとめ(仮想通貨をステーキングして報酬をゲットしよう!)

まとめ

・ステーキング対象の仮想通貨を一定期間保持すると報酬がもらえる
・仮想通貨の種類・取引所によって利率が異なる
・仮想通貨自体の暴落、ハッキングの危険性に注意する

仮想通貨ステーキングは、銀行の利子の様に持っているだけで報酬を得られますが、暴落や、ハッキングなどのリスクや注意点もあることを忘れずに、慎重に投資を行いましょう。

「仮想通貨(暗号資産)を始めたいな!」という方は、以下記事で仮想通貨の始め方を確認してみてください!

→【超初心者向け】仮想通貨の始め方・稼ぎ方かんたん5ステップ

【どうやって始めるの?】仮想通貨攻略マニュアル「・仮想通貨超初心者なんだけど、どうやって始めればいいの?」 「・仮想通貨でどうやって稼げばいいの?」実際に操作したスクショを元にわかりやすく解説します。...

 

「NFT(OpenSea)の始め方を知りたい!」という方は、以下記事を読んでみてくださいね!

→NFT始め方総合マニュアル【口座開設~OpenSea販売・購入までの6ステップ】

https://koseiblog.com/nftstart-bitflyer/