仮想通貨

仮想通貨の先物取引とは?どの取引所で使えるの?

ルリちゃん
ルリちゃん
・仮想通貨の先物取引って何?
現物取引と何が違うの?
・先物取引ができる取引所は?
こせい君
こせい君
決済を約束をする取引の事だよ。つまり決済の予約の事なんだ。

こんな悩みを抱えていませんか?

実は、この記事で紹介する「仮想通貨の先物取引とは?」を実践すれば、
誰でも先物取引について理解できます。
この記事では、仮想通貨の先物取引についてを紹介します。

この記事で解決できる悩み

・仮想通貨の先物取引についてわかる
・先物取引のメリット、デメリットがわかる
・先物取引ができる取引所がわかる

 

「そもそも仮想通貨ってどうやって始めるの?」という方はこちらの記事で解説しているので、参考にしてみてください。

【口座手数料(0円)無料】仮想通貨の始め方・稼ぎ方かんたん5ステップ「・仮想通貨超初心者なんだけど、どうやって始めればいいの?」 「・仮想通貨でどうやって稼げばいいの?」実際に操作したスクショを元にわかりやすく解説します。...

 

仮想通貨を始める準備できましたか?

それでは早速、いきましょう♪

 

★口座開設・維持手数料が【0円】無料★

仮想通貨・NFTを同時に始めるならビットフライヤー

bitflyer

ビットフライヤー
公式サイト

【無料】口座開設方法を見る

仮想通貨の先物取引(さきものとりひき)とは?

仮想通貨の先物取引(さきものとりひき)とは、決済を約束する取引のことです。決済を行う予約のようなものです。

「●月●日に、この価格で仮想通貨を買います(売ります)!」

と予約をするのが、先物取引です。

なので将来仮想通貨の価格が上がろうが、下がろうが現在の価格で決済する事になります。株やFXでも使われる取引でもあります。

 

証拠金(しょうこきん)が必要

「●月●日に、この価格で決済します」

とはいっても、信用できるわけがありません。そのためある程度お金をプールしておく必要があります。それが証拠金(証拠金)です。

もし、先物取引で損をする事があったら、証拠金から差し引かれることになります。

つまり担保金のようなものです。

 

現物取引と先物取引の違い

現物取引と先物取引の違いは以下になります。

現物取引:今あるお金で現在の価格で仮想通貨を売り買いする。(普通の決済)
先物取引:現在の価格で将来(未来)に売り買いすることを約束(予約)する。

現物取引を難しく書いていますが、わかりやすく言うと、「普通に仮想通貨を買う(売る)」ことです。

 

仮想通貨「先物取引」のメリット・デメリット

メリット

先物取引で仮想通貨を買った場合、将来価格が上がったら利益が出ることです。なので将来仮想通貨の価格が上がるだろうと確信できる人が先物取引をします。

 

デメリット

逆に将来価格が上がると思って、先物取引したけど実際は価格が大暴落して大きな損失がで出ることもあります。損失分は、証拠金から差し引かれます。

 

追証(おいしょう)

先物取引で大きな損失を出し、証拠金だけじゃ足りない場合は、証拠金を追加して支払う必要があります。これが追証(おいしょう)です。

ルリちゃん
ルリちゃん
損失が出たら、証拠金以上にお金を払わないといけないなんて・・・
こせい君
こせい君
先物取引はリスクもあるから中・上級者向けなんだ。初心者は「現物取引」にしよう。

ロスカット

ロスカットとは仮想通貨が暴落し、証拠金以上の大きな損失が出そうな時に、強制的に決済(売却)をする仕組みです。

株で言うところの「ストップ高・ストップ安」のようなものです。

ロスカットで損失を拡大を抑えることができます。

 

仮想通貨で先物取引ができる国内取引所

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitflyer

ビットフライヤーでは、ビットコイン(BTC)の先物取引に対応しています。

ビットフライヤーライトニング(Lighting)という取引所画面があり、先物取引だけでなく、FXも利用できます。

こせい君
こせい君
もちろん普通に仮想通貨を購入(現物取引)する事もできるよ。

無料で口座開設する

無料口座開設
方法を見る

 

海外の仮想通貨取引所は?

先物取引に対応した、海外の仮想通貨取引所もありますが、あまりおすすめしません。

何故なら破産した場合、預けた暗号資産(仮想通貨)が戻ってこない可能性があるからです。

海外の大手仮想通貨取引所「FTX」が経営破綻し、暗号資産(仮想通貨)が引き出せない事態がおきました。

なので、日本国内の仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。

 

【まとめ】

まとめ

・先物取引とは決済を約束する取引(決済の予約)
・大きな利益がでることもあれば、大きな損失をすることもある
・先物取引に対応した国内の仮想通貨取引所は「bitFlyfer(ビットフライヤー)」

「仮想通貨(暗号資産)を始めたいな!」という方は、以下記事で仮想通貨の始め方を確認してみてください!

https://koseiblog.com/virtualcurrency-start/

「NFT(OpenSea)の始め方を知りたい!」という方は、以下記事を読んでみてくださいね!

NFT始め方総合マニュアル【ビットフライヤーver】口座開設~OpenSea販売・購入までの6ステップ「・ビットフライヤーを使ってNFTを始めたいけどどうやるの? NFTの購入、販売にはイーサリアム(ETH)が必要なんだ。1から1つずつ解説するね。」この記事では、ビットフライヤーを使ってNFTを始める方法をを解説します。...