お役立ち情報

「+61 480 393 077」の電話番号はソフトバンクの詐欺SMS

この記事では「+61 480 393 077」の詐欺SMSについて解説します!

・SMSから「+61 480 393 077」からソフトバンクの高額支払い請求の連絡が来たんだけどどうしたらいいの?

という悩みを解決できる記事となっております。

Gmailなどの、詐欺メールのほとんどはグーグルが自動判別して
迷惑メールに振り分けてくれるので、詐欺メールに引っかかる確率は低いのですが
SMSで来た場合は焦ります。しかもソフトバンクからの高額電話請求・・・

先に、結論を言います。ソフトバンクのSMSは詐欺です。
絶対にリンクをクリックしないように!

今回は、詐欺SMSの電話番号「+61 480 393 077」について解説します。
この記事を読み終えることで、以下のような悩みが解決できます。

この記事を読むと?

・「+61 480 393 077」は何なのかがわかる
・ソフトバンクの詐欺SMSの手口がわかる

記事の前半では、「+61 480 393 077」の謎をを解説しつつ、
記事の後半では、ソフトバンクの詐欺SMSについて解説します。

では、「+61 480 393 077」の詐欺SMSついて、
これから詳しくお伝えしていきます。

「+61 480 393 077」の+61はオーストラリアからの番号

そもそも、電話番号の頭にある「+61」というのは、
国際電話をかける時の国番号です。

auのホームページで調べたところ、
+61はオーストラリアでした。

引用:国番号一覧 | 海外へかける(au国際電話サービス)

オーストラリアという時点で、ソフトバンクではない事がわかります。
この時点で詐欺SMS確定です。

ソフトバンク詐欺SMSの手口

もう少しSMS本文を見てみると、softbankっぽいURLが書かれていますが
「mlead」「.info」など見慣れないURLが書かれています。

本物のソフトバンクなら「.co.jp」のはずです。
つまり、このURLは偽物で詐欺サイトへ誘導しようとしています。

絶対にクリックしないように!

高額な電話料金がウソ!焦らせてURLに誘導させている

電話料金が高額というのは、ウソです。
人間焦ると正常な判断ができなくなり、1秒でも早く解決しようと
してしまいます。

そこに偽URLがあったら、思わずクリックしてしまうでしょう。

なのでまずは落ち着いて、よーく見てみましょう。
詐欺だとわかるので、無視しましょう。

【まとめ】

まとめ

・「+61」はオーストラリアからで、ソフトバンクではない
・URLの「mlead」「.info」で偽物とわかる
・詐欺SMSなので絶対にURLをクリックしない。

最近の詐欺メール(SMS)は巧妙です。
ダマされないように、勉強しておきましょう。


 

関連記事

(SMS詐欺注意)【ソフトバンク】「お客さまがご利用の電話料金が大変高額になっております。ご確認が必要です。」・SMSでソフトバンクから電話料金高額とメッセージが!? ・どうしよう!?リンクで確認しないと という悩みを解決・・・の前に、そのURL絶対クリックしてはいけません! 詐欺SMSです。 まずは、詐欺だという事を認識し落ち着いて下さい。 ・・・改めて悩みを解決できる記事をなっております。 ブログ記事を作っている時に、ふと以下のようなSMSがスマホに届きました。 一瞬あせりましたが・・・そう詐欺SMSです。...
「+998 33-999-23-16」に折り返し電話をしてはダメな理由「+998 33-999-23-16」って変な電話番号から着信があったんだけど・ウズベキスタンから着信があったんだけど怪しい ・怪しい電話の正体は? 注意したいのは、この電話番号に絶対折り返し電話をかけてはいけません。 このウズベキスタンからの怪しい電話にかけ直してしまうと どうなってしまうのか解説します。...

tomocard-mailsagi/