仮想通貨

【初心者向け】仮想通貨と暗号資産・ビットコインの違いは?

ルリちゃん
ルリちゃん
仮想通貨と暗号資産の違いって何?
・そもそも暗号資産(仮想通貨)って?
・暗号資産(仮想通貨)ってどこで買えるの?
こせい君
こせい君
実は仮想通貨と暗号資産の違いはないんだ、詳しく解説するね。

こんな悩みを抱えていませんか?

実は、この記事で紹介する「【初心者向け】仮想通貨と暗号資産・ビットコインの違いは?」を実践すれば、
誰でも仮想通貨と暗号資産の違いやビットコインについて理解できます。

こせい君
こせい君
なぜならボクは、コインチェックで暗号資産(仮想通貨)を購入し運用しているんだ。

この記事では、仮想通貨と暗号資産の違いについて紹介します。

この記事で解決できる悩み

仮想通貨と暗号資産の違いがわかる
・そもそも仮想通貨とは何なのかわかる
・暗号資産(仮想通貨)の買い方がわかる

 

★口座開設・取引所手数料が無料★

コインチェックはビットコイン
「取引所」手数料が無料!

コインチェック

無料で
口座開設する


無料口座開設
方法を見る

 

仮想通貨と暗号資産の違いはない

まず結論を言うと、仮想通貨と暗号資産に違いはありません。なぜなら呼び方が違うだけで意味が同じだからです。

2020年5月に施行された資金決済法・金融商品取引法等の改正があり、資金決済法の中の条文で「仮想通貨」から「暗号資産」に名称変更されています。

ただ、仮想通貨の呼び方の方が認知度が高いので、今でも「仮想通貨」と呼ぶ人がおおいです。

ルリちゃん
ルリちゃん
仮想通貨 = 暗号資産で意味は同じなのね。

 

仮想通貨(暗号資産)とは?

暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上に存在する通貨で、法定通貨建ての資産(現金・プリペイドカードや交通系ICカード)とは別ものです。

なので、インターネット上でしか使えず現金のように引き出すことが出来ません。

 

世界最初に作られた仮想通貨「ビットコイン」

世界で1番最初に作られた仮想通貨が「ビットコイン」です。特徴は管理者がいないことです。

・日本円:日本
・ドル:アメリカ
・仮想通貨(ビットコイン):管理者なし

特長は、現金と違い世界中への送金がとても速いことです。例えば地球の裏側の人に現金を送金する場合は、いろんな銀行を経由するので何日もかかり、手数料が高くなります。

しかし暗号資産(仮想通貨)なら、スマホやPCから瞬時に相手へ送金する事ができます。

 

ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)をアルトコインと呼ぶ

世界で初めて作られた暗号資産(仮想通貨)がビットコインですが、ビットコイン以外にも暗号資産(仮想通貨)は作られました。

なのでビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)を「アルトコイン(代替コイン)」と呼びます。

 

イーサリアム(ETH)

ビットコインの次に有名な暗号資産(仮想通貨)で、2021年頃からNFTの売買・NFTゲームの決済に使われるようになりました。

こせい君
こせい君
NFTを始めたい人はイーサリアム(ETH)を購入しよう。

NFTの始め方に関しては以下記事にまとめたので、参考にしてみてくださいね!

NFT始め方総合マニュアル【ビットフライヤーver】口座開設~OpenSea販売・購入までの6ステップ「・ビットフライヤーを使ってNFTを始めたいけどどうやるの? NFTの購入、販売にはイーサリアム(ETH)が必要なんだ。1から1つずつ解説するね。」この記事では、ビットフライヤーを使ってNFTを始める方法をを解説します。...

 

暗号資産(仮想通貨)を購入する方法は?

仮想通貨を購入するには「仮想通貨取引所」口座開設(アカウント登録)する必要があります。無料でできますので、国内の大手仮想通貨取引所を登録しておくと良いでしょう。

こせい君
こせい君
ポイントは運用する暗号資産(仮想通貨)と手数料をチェックしておくといいよ

 

コインチェック(Coincheck)

コインチェック

国内の大手仮想通貨取引所と言えばコインチェック(Coincheck)で、特徴はビットコイン「取引所」手数料が無料です。

・公式アプリダウンロード数No.1
・ビットコイン「取引所」手数料無料

無料で口座開設する

 

ビットフライヤー(bitFlyer)

bitflyer

ビットフライヤー(bitFlyer)も国内大手仮想通貨取引所で、特徴はイーサリアム(ETH)取引所に対応している事です。つまり、安い手数料でイーサリアムを購入することができます。

・イーサリアム(ETH)が手数料が安い「取引所」に対応
・ビットコイン取引量6年連続No.1

今後NFTが流行すると、NFTに購入にイーサリアム(ETH)が必要になるので価格が高騰するまえに購入しておきましょう。

無料で口座開設する

 

こせい君
こせい君
自分が運用したい暗号資産(仮想通貨)によって使い分けるといいよ。

 

海外の「仮想通貨取引所」は?

海外の仮想通貨取引所の方が規制が無くて、自由に暗号資産(仮想通貨)を売買できるイメージがありますが、海外の大手仮想通貨取引所「FTX」が突如破綻しました。

有名スポーツ選手が広告塔だっただけに、衝撃が大きかったです。さらに預けた暗号資産(仮想通貨)が戻ってこないトラブルも多発しました。

日本の暗号資産(仮想通貨)の法律は規制が厳しいイメージがありますが、破綻などのトラブルに会った場合、海外に比べて保証されています。

よって、「コインチェック」や「ビットフライヤー」などの国内仮想通貨取引所で運用するのがおすすめです。

 

【まとめ】

まとめ

・仮想通貨と暗号資産は呼び名が違うだけで意味は同じ
・世界最初の仮想通貨は「ビットコイン」それ以外を「アルトコイン」と呼ぶ
・国内の仮想通貨取引所がおすすめ

「暗号資産(仮想通貨)を始めたいな!」という方はコインチェック(Coincheck)で口座開設してみてください。

ビットコイン「取引所」の手数料が無料です。

無料で
口座開設する

コインチェック(Coincheck)口座開設手順はこちら↓↓

【仮想通貨・NFT初心者が始める最初の1歩】コインチェック口座開設のやり方マニュアル・コインチェックで口座開設したいけどやり方がわからない ・最近NFTで絵を描いたら75億稼げるニュースを見て自分も挑戦したい ・NFTゲームで遊びながら稼ぐには仮想通貨が必要だから口座開設したい 私のような仮想通貨初心者でも簡単にできたので 実際に私が操作したスマホ画面を元に コインチェックの口座開設のやり方を解説します。...

暗号資産(仮想通貨)の基礎知識を身に着けたいなら
初心者向けの書籍が出ているのでこちらの本を読んで勉強しましょう。