NFT・仮想通貨

OpenSeaでNFTが売れない5の理由と4つの売れる方法

この記事で解決できるお悩み

・OpenSeaでNFT作品出品したけど全然売れない
・何でNFT作品が売れないの?
・OpenSeaでNFTが売れるようになる方法は?
・NFT作品がたくさん売れているクリエイターっていないの?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で紹介する「OpenSeaでNFTが売れない理由と売れるコツ」を実践すれば、
初心者でもOpenSeaでNFT作品が売れるようになりますよ!

なぜなら、OpenSeaで人気のNFTクリエイターをチェックしたところ
みんなこの共通点があるからです。

記事前半ではOpenSeaでNFTが売れない理由を、
後半では売るためのコツを紹介するので、
じっくり読みこんでくださいね。

OpenSeaでNFTが売れない5つの理由

①認知度不足

まず、大前提としてそもそも誰にも知られていないから売れません。
芸能人・有名人・インフルエンサーなら、ちょっと宣伝するだけで
売れるかもしれませんが。

私も含めて一般人が、NFT作品をOpenSeaで発売しただけでは
まず売れません。

②SNS等で宣伝していない

そもそも、OpenSeaのNFTのアートは新しい技術です。
知ってもらうには、しっかり宣伝する必要があります。

ブログ・youtube・Twitter・インスタなどで積極的に発信しましょう。

 

③トレンドのジャンルで売っていない

イラストや写真を販売して、宣伝すれば売れるわけではありません。
NFT作品にも人気のトレンドのジャンルがあるからです。

トレンドジャンル

・ドット絵
・かわいいイラスト
・SNSアイコン向け
・ジェネラティブ(不思議アート)

トレンドのジャンルをチェックせずに、自由にイラストを描いても
おそらく売れないでしょう。

自分の描く絵がトレンドに合っているか確認してから
OpenSeaで販売しましょう。

④値段が高すぎる

超有名NFTクリエイターなら、0.1ETH(約2万3000円)で
販売しても、飛ぶように売れるかもしれませんが、無名なら売れません。

最初は0.001ETH~0.01ETH(231円~2,300円)くらいに設定して
まずは最初の1作品を売れるようにしましょう。

OpenSeaは転売されても著作者に利益が入る仕組みなので
無理して高い値段にする必要はありません。

 

⑤日本で売ろうとしている

上の画像は、かわいいアニメイラストのNFTコレクションです。
日本のイラストレーターが描いたと思われる絵です。

しかし、説明文を見ると英語で書かれています。
実は日本のNFT市場は、ほとんど開かれていません。

なので、海外向けに宣伝しましょう。
幸いにも日本のアニメやイラストは世界で人気があります。

NFTアートを売るための4つのコツ

①ETH(イーサ)で出品する

OpenSeaで販売できる暗号資産(仮想通貨)は、
ETH(イーサ)と、Polygon(ポリゴン)の2つですが

ETHの方が圧倒的に売れやすいです。
Polygonは購入時にガス代がかからないなどの利点がありますが
ETH→Polygonに変換する時に結局ガス代がかかるので

最初から使えるETHの方が使い勝手が良いです。

よってOpenSeaでNFTを販売する時はETHにしましょう。

 

②「いいねが」付いたり売れたらSNSで発信

販売しているNFT作品にいいねが付いたり、オファー(金額提示)されたら
積極的にSNSで発信しましょう。

人気がある事をアピールするのは大切です。
これは売れない理由でも話した、SNSで発信していない問題も解決できます。

 

③マーケティング(市場調査)する

これは、売れない理由「トレンドを抑えていない」でも話しましたが
どんなコンセプト・ジャンルが人気あるのか
マーケティング(市場調査)することは大切です。

例えば、ラーメン屋を開業する時も、「駅前・人通り・ライバル店」
とチェックしますよね。OpenSeaでNFTを売る場合も同じです。

・人気のNFTジャンル(コンセプト)
・適正価格
・販売作品数(たくさん販売するほど価値は下がる)
・SNSなどで宣伝

特に人気ジャンルを調査する事が一番大事で、これを間違えると
自分が有名人でないかぎり、売れることはありません。

また、NFTは購入者が希少価値(レア)だと思うと買ってくれるので
むやみやたらに大量販売すると、価値が下がりうれません。

よって、OpenSeaで販売する前にしっかりマーケティングしましょう。

 

④コンセプト(ジャンル)を統一する

作品のコンセプトは必ず統一しましょう。
なぜなら、1つのコレクションに、ドット絵・写真・可愛いイラストが
混ざっていたら

「何を売っているところなの?」

と、買う側が混乱します。
コンセプト(ジャンル)を統一していれば

「ここは、FF風ドット絵キャラが販売されているんだな」

と欲しい人だけが集まるようになります。
なので、NFT作品を売る時はコンセプト(ジャンル)を統一しましょう。

 

NFTアートが売れない時参考にすべきコレクション

人気のNFTコンセプトをマーケティングしたい・・・
とはいっても、どうやって調べれば良いかわかりませんよね?

なのでOpenSeaで人気の日本・海外クリエイターを紹介します。

CryptoNinja Partners(CNP)

日本で一番勢いのあるNFTクリエイターです。

22,222点もの作品を出しているにもかかわらず
どんどん転売され価値が急上昇しています。

わたしも、この作品を買ってTwitterのアイコンにしています。

 

2022年6月時点では、約2万円まで価値が上がっていますが。
海外の人気NFTに比べればまだ安いです。

CryptoNinja Partners(CNP)の買い方に関しては
別途マニュアルを用意したので、欲しい人は
安いうちに購入しておきましょう。

→ CryptoNinja Partners(CNP)買い方マニュアル

【NFT初心者向け】CNP(CryptoNinja Partners)の買い方・NFT日本一のCNP(CryptoNinja Partners)を買いたい ・何でCNPを買うといいの? ・NFT、OpenSea、仮想通貨(暗号資産)初心者です。買い方を教えて! この記事で紹介する「CNP(CryptoNinja Partners)の買い方」を実践すれば、 暗号資産(仮想通貨)口座を持っていないNFT初心者でも 簡単に日本一のCNP(CryptoNinja Partners)を買う事ができますよ!...

 

NaokiSaito

 

ポケモンカードの公式イラストも描いている「さいとうなおき」さんの
NFT作品。

等身大のイラストから、ミニキャラクターのコレクションがあり
約40ETH(900万)の取引がされています。

→ Naoki SaitoのNFT作品をチェックする

 

Pixel Heroes X

FF風キャラクターのドット絵イラストです。
人気ゲームのイラスト風なので、おじさん世代はドンピシャです。

→ Pixel Heroes X

 

Kawaii Skull

ガイコツのかわいいドット絵イラストが人気のNFT作品。
どちらかと言うと「たまごっち」に似ていますね。

取引量は脅威の「783ETH(1億円)」
OpenSeaNFTで億り人になられたようです。

 

人気のクリエイター作品をチェックしたい

OpenSeaは海外のサイトなので、日本の人気NFTクリエイターを探すのって
難しいですよね。

youtube動画でOpenSea人気NFTクリエイターの動画まとめがあります。
日本の人気NFTクリエイターをチェックしたい方は、こちらを参考にして下さい。

 

 

海外の人気NFTクリエイターをまとめた動画も上がっているので
こちらもチェックしておきましょう。

 

OpenSeaでNFTアートの売る方法

OpenSeaを利用するためには

・ウォレット(お財布)
・暗号資産(仮想通貨)

が必要です。

必要な準備の手順をまとめると、

くわしいまとめページは以下で解説しています。
1~6を先に済ませてから本ページにもどってきて読み進めてください。

→ OpenSea始め方マニュアル

【NFT初心者向け】OpenSeaの使い方・始め方完全マニュアル・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...

 

【まとめ】

まずは、OpenSeaで売れない5つの理由、売れる4つの方法を抑えれば
人気クリエイターとなり、NFT作品もたくさん売れます。

まとめ

・誰にも認知されていないのでSNSで積極的に宣伝
・OpenSeaでNFTが売れるにはマーケティングが大切
・人気のNFTクリエイターをチェックしてコンセプトを決める

これからOpenSeaでNFTアートを売りたい方は
「暗号資産(仮想通貨)・メタマスクなど」事前に準備をしておきましょう。

OpenSeaの始め方をマニュアルにしたので
こちらを参考に、NFTアートを売るための準備をしましょう。

→ OpenSea始め方マニュアル

【NFT初心者向け】OpenSeaの使い方・始め方完全マニュアル・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...