仮想通貨

【初心者も簡単にできる】仮想通貨始め方完全マニュアル

この記事で解決できるお悩み

・そもそも仮想通貨(ビットコイン)って何?
・仮想通貨の始め方(買い方)を知りたい
・仮想通貨って稼げるの?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。
この記事で紹介する「仮想通貨始め方完全マニュアル」を実践すれば、
初心者でも簡単に仮想通貨を始める(買う)事ができますよ!

なぜなら、実際にわたしも仮想通貨(ビットコイン)を購入しています。

記事前半では初心者向け仮想通貨の始め方を、
後半での特徴・疑問を紹介するので、 じっくり読みこんでくださいね。

★お得なキャンペーン実施中!★

今なら口座開設(無料)&入金(1円以上でOK)でビットコインがもらえます!

コインチェック

無料口座開設
方法を見る

 

 

目次
  1. そもそも仮想通貨(暗号資産)とは?
  2. 仮想通貨の仕組みとは
  3. 仮想通貨のメリット・デメリット
  4. 仮想通貨取引所大手5社比較
  5. 仮想通貨取引所を選ぶポイント
  6. 仮想通貨の始め方・やり方
  7. Q&A
  8. まとめ

そもそも仮想通貨(暗号資産)とは?

仮想通貨とは、デジタルデータとして存在し特定の国家が発行していない通貨のことです。国家が発行していないから、違法というわけでありません。
日本銀行(日銀)ホームページにはこのように説明しています。

仮想通貨(暗号資産とは)

(1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、
かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
(2)電子的に記録され、移転できる
(3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない 代表的な暗号資産には、ビットコインやイーサリアムなどがあります。
※日本銀行HPより引用

難しい言い回しでよくわかりませんね。
一言で言うと「電子データのみでやりとりされる通貨」と覚えておいて下さい。

暗号資産と仮想通貨の違いとは?

実は、仮想通貨=暗号資産で、同じ事なんです。
正確に言うと、最初は「仮想通貨」と呼ばれていたけど、
金融庁が後ほど「暗号資産」と改めることにしました。

仮想通貨と暗号資産は同じ意味。

よって、テレビ・新聞などの大手メディアは「暗号資産」と呼ぶようにしています。
しかし、先に「仮想通貨」という言葉で全国に広まってしまっているので
混同してしまっています。

仮想通貨とビットコインって何が違うの?

ビットコインは仮想通貨の銘柄の1つです。なので同じ意味です。
仮想通貨という枠の中に、ビットコインがあります。
他のものに例えると、分かりやすいです。

仮想通貨とビットコインを他の物に例えると

仮想通貨(ビットコイン、イーサリアムなど)
お金(円、ドル、ユーロなど)
スマートフォン【スマホ】(iPhone、ギャラクシーなど)

ただ、仮想通貨で一番有名なのはビットコインなので
違うものだと思う人も多いようです。

仮想通貨ってどこで売っているの?

コインチェック

仮想通貨は金融庁が認めた仮想通貨取引所で売っています。
有名な仮想通貨取引所は「コインチェック」「Bitflyer」「BITPOINT」 などが
あります。 ここに口座開設(無料)し、日本円を入金すると購入することができます。

私は、コインチェックで口座開設しビットコインを買っています。
コインックはキャンペーン中で、
口座開設すると2,500円分のビットコインがもらえます。
まずは無料で口座開設しましょう。(※2022年6月30日まで)

無料で口座開設する 無料で口座開設する

コインチェックの口座開設のやり方が分からない場合は
コインチェック無料口座開設マニュアルを作成したんで、
こちらの記事を見れば、仮想通貨(暗号資産)初心者でも無料で口座開設できます。

【無料】初心者向けコインチェックの口座開設マニュアル

【仮想通貨・NFT初心者が始める最初の1歩】コインチェック口座開設のやり方マニュアル・コインチェックで口座開設したいけどやり方がわからない ・最近NFTで絵を描いたら75億稼げるニュースを見て自分も挑戦したい ・NFTゲームで遊びながら稼ぐには仮想通貨が必要だから口座開設したい 私のような仮想通貨初心者でも簡単にできたので 実際に私が操作したスマホ画面を元に コインチェックの口座開設のやり方を解説します。...

仮想通貨の仕組みとは

ここからの説明は仮想通貨の専門技術の話になります。
難しくてわからない場合は、読み飛ばしてOKです。

※車の走る仕組みが分からなくても車の運転はできるのと同じで
仮想通貨の専門技術を知らなくても買う事ができます。

電子署名技術

その名の通り電子(インターネット)による署名です。
この電子署名を使って、「誰にいくら送金したのか?」を記録しています。

ブロックチェーンによる分散管理と改ざん防止

仮想通貨がトレンドになった根幹の技術が「ブロックチェーン」です。
日本円のように、お金は国家(円なら日本銀行)が管理しますが
仮想通貨が管理者がいません。

ブロックチェーンという技術で分散管理しています。
なのでお金の取引を改ざんしようとしても、
全世界で管理しているのですぐにバレます。

ブロックチェーンとは取引履歴を記録しているオンライン台帳のようなもの。
全世界で管理・チェックしているので改ざんは不可能。

よく銀行のお金管理システムがハッキングされて、通常の記録を改ざんされた
なんてニュースがありますが、ブロックチェーンは全世界げチェックしているから
改ざんされても、すぐにバレて修正できます。
これが仮想通貨が流行した1つの理由です。

 

マイニングにより取引が承認

ブロックチェーンはその名の通り「ブロック(塊)」を「チェーン(鎖)」で繋いだものです。 なのでブロックを作り、チェーンに繋ぐ必要があります。これをマイニングといいます。

マイニングを行わないと、取引は承認しません。
マイニングには、複雑な計算と大量の電力が必要で、成功させると
仮想通貨をもらえる仕組みになっています。

このことから、マイニング(採掘)が言葉の由来になっています。

仮想通貨の専門知識は以上です。
次は、仮想通貨の特徴(メリット・デメリット)を解説していきます。

仮想通貨のメリット・デメリット

次は仮想通貨のメリット・デメリットを解説します。

仮想通貨のメリット

24時間365日いつでも取引できる

銀行のATMだと夜間はお金を預けたり、引き出したりできませんよね?
しかし、仮想通貨なら24時間365日いつでも取引できます。

逆にいうと仮想通貨投資も24時間365日休みがないので
デイトレをする場合は、いつも気が休まらないかもしれません。

 

大きく儲かる可能性がある

仮想通貨は価格変動が大きいため、わずか1日で価格が大きく上昇する事があります。2009年では1ビットコイン(BTC)=0円だったのに、
現在では400万円にまで上昇しています。
まだまだ大きな可能性を残しているのが、仮想通貨です。

 

地球の裏側へ一瞬で送金できる

現金を外国へ送金する場合、何日もかかり、高い手数料を取られます。
最近大きな国が経済制裁を受けたニュースで知られるようになった

SWIFT(スイフト)

お金の海外送金は、必ずアメリカの銀行を経由して
決済される仕組みになっているからです。

しかし、仮想通貨は銀行を経由せず、個人のお財布(スマホ)へ
直接送金することができるため、時間もかからず手数料も安いです。

 

決済手段として利用できる

一瞬で送金できるということは、決済も一瞬です。
わざわざ口座から引き落としする必要はなく、
スマホのウォレット(お財布)に入っている仮想通貨で直接決済できます。
銀行を経由しないので、時間も早く手数料も安くなります。

 

少額から投資できる

仮想通貨なら、少額から投資することができます。
某夢の国の株を買う場合、1株(約2万円)。
100株単位で買わなくてはいけないので 数百万もかかります。

しかし、仮想通貨(コインチェック)だと、500円から仮想通貨を購入することができます。 そのため初心者でも、参入しやすくなっています。

 

NFT作品(OpenSea)の売買・NFTゲームができる

仮想通貨(ETH イーサリアム)を購入すると、 NFT作品(イラスト・写真)を売買、
転売して稼いだり NFTゲーム(Play to Earn 遊んで稼ぐ)を
プレイすることが出来るようになります。

NFT作品は世界最大のマーケットプレイス(OpenSea)で売買されています。 OpenSea(NFT)を始める場合は、ビットコインではなく、
ETH(イーサリアム)を 用意しましょう。

OpenSeaの始め方は、別途マニュアルを用意したので、こちらを参照下さい。

→ OpenSeaの始め方マニュアル

【NFT初心者向け】OpenSeaの使い方・始め方完全マニュアル・NFTで稼ぎたい ・NFTってどうやってやるの? ・スマホでできないの? ・コインチェック口座開設、メタマスク、Opensea?どれから始めればいいの? ただ、NFTの流行の波に乗っていこうと思い 実際に自分が撮った写真をOpenseaでNFT化し出品・販売しました。 私が操作した写真をマニュアル化して 総合ページとしてまとめました。 これを見れば、スマホだけで仮想通貨口座開設から Openseaで写真を出品・販売する事ができます。...

仮想通貨のデメリット

大損する可能性がある

先程仮想通貨のメリットで、価格変動が大きいので大儲けすることが
出来るといいましたが 逆に言うと、大損する可能性もあります。
価格変動が大きいだけに、得も損の幅も大きいです。

ハッキングリスクがある

仮想通貨は、PCやスマホに保存されています。
よってハッキングされてお金を盗まれる可能性があります。
仮想通貨は改ざんは不可能ですが、盗難は防いでくれません。

過去にコインチェックが入っキングされ約580億の仮想通貨(ネム)が盗まれました。
※現在はコインチェックのセキュリティは大幅に改善されています。

セキュリティ対策をしっかりしましょう。
最低限「2段階認証」は設定しておきましょう。

 

税金が高い

株やFXなどは利益に対する税率は約20%を決まっていますが
仮想通貨は法整備が整っていたいため、雑所得扱いになります。

雑所得は儲かれば、儲かるほどたくさん税金が取られるので
最大55%の税金がかかります。

 

仮想通貨取引所大手5社比較

Coincheck bitFlyer BITPOINT DMM Bitcoin GMOコイン
取引所手数料 無料 約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC) 無料 無料※1 BitMatch取引手数料を除く Maker:-0.01% Taker:0.05%
販売所手数料 無料 無料 無料 無料 無料
レバレッジ 2倍 2倍 2倍
最低取引額 約500円~ 約1円~ 約500円~ 約1000円~ 約180円〜
取引通貨数 17種類 15種類 12種類 15種類 20種類
キャンペーン 2,500円のビットコインプレゼント ※2022年6月30日まで 毎日最大10名に1,000円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム 新規口座開設で 3,000円相当の 暗号資産を プレゼント 新規口座開設で もれなく2,000円 プレゼント※ 2022年5月31日まで 暗号資産の購入で 現金1,000円 プレゼント (毎日抽選10名)

Coincheck (コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴

・親会社が東証プライム(旧東証一部)上場(マネックスグループ)
・操作性が良い公式スマホアプリ
・500円からビットコインを買える

私もコインチェックで口座開設し、仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム)を購入し
さらに、NFT作品(OpenSea)を買ったり、NFTゲームで遊んだりしています。
仮想通貨関連・NFTの始め方マニュアルもコインチェックを元に作成しています。

無料で口座開設する

無料で口座開設する

仮想通貨・NFT初心者で、口座開設方法が全くわからない場合
コインチェック口座開設マニュアルに沿って進めると良いでしょう。

【無料】初心者向けコインチェックの口座開設マニュアル

【仮想通貨・NFT初心者が始める最初の1歩】コインチェック口座開設のやり方マニュアル・コインチェックで口座開設したいけどやり方がわからない ・最近NFTで絵を描いたら75億稼げるニュースを見て自分も挑戦したい ・NFTゲームで遊びながら稼ぐには仮想通貨が必要だから口座開設したい 私のような仮想通貨初心者でも簡単にできたので 実際に私が操作したスマホ画面を元に コインチェックの口座開設のやり方を解説します。...

BITPOINT (ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)

・取引所、販売所手数料が無料
・新規口座開設でお得なキャンペーンがもらえる

無料で口座開設する

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴

・販売所、取引所手数料無料(BitMatchを除く)
・レバレッジが2倍まで可能

無料で口座開設する

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

・1円から仮想通貨を購入できる
・7年以上ハッキングゼロ

無料で口座開設する

GMOコイン

GMOコインの特徴

・500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
・「GMOインターネットグループ」が運営

無料で口座開設する

仮想通貨取引所を選ぶポイント

仮想通貨取引所を選ぼうとしても、たくさんあり条件も複雑、
そもそも 条件の言葉の意味もわからず、迷ってしまいますよね。

初心者が選ぶ場合は、以下3つのポイントに注目して選びましょう。

仮想通貨取り引き所を選ぶ3つのポイント

・セキュリティの高さ
・取引所ツールの使いやすさ
・手数料の安さ

セキュリティの高さ

仮想通貨(暗号資産)はハッキングされたら、全て盗まれて終了です。
以前、仮想通貨取引所がハッキングされビットコインが盗まれる事件がありました。

このニュースがきっかけで、日本のみ「仮想通貨=危険」のイメージができ
利用する人が遅くなったくらいです。

なので、セキュリティ対策がしっかりした大手の仮想通貨取引所を選びましょう。
セキュリティ対策には、多額の資金が必要です。
資金に余裕のある大手企業は信頼性も高いです。

取引所ツールの使いやすさ

PCだけでなく、スマホアプリに対応している取引所を使うと良いです。
取引ツールが使いやすいのは「Coincheck」と「bitFlyer」です。

手数料が安いか?

仮想通貨を購入する際、に手数料がかかる取引所があります。
Coincheckは、販売所・取引所共に手数料が無料なので
最初はわからず、何度も仮想通貨を購入する事があるので 初心者には最適です。

仮想通貨の始め方・やり方

仮想通貨を始めるには最低限以下が必要になります。

・国内仮想通貨取引所口座(無料)
・ウォレット(お財布)
・仮想通貨(暗号資産)

この3つをそろえるのに、必要な手順をまとめると、

始めてOpenSeaを始める場合は、1つ1つが初心者にはやりにくいですが
実際の画面とあわせて分かりやすく解説していくので、
これからOpenSeaを利用していきたい方はぜひ参考にしてみてください。

【無料】仮想通貨取引所の口座開設(アカウント作成)

コインチェック

OpenSeaを始めるのに、一番最初に必要なのは
暗号資産(仮想通貨)の口座開設(アカウント作成)です。
口座開設に必要なものは以下3つです。

口座開設に必要なもの

・取引する端末(PC or スマホ)
・本人確認書類
・銀行口座

私はコインチェックでアカウントを作成し、 ビットコイン(BitCoin)を購入しました
口座開設は無料で行えます。
コインチェックでは、アカウント作成・本人確認・入金まで行うと
2,500円分のビットコインがもらえます。

また、これから説明する仮想通貨の買い方は
実際のコインチェックアカウント画面を元に解説しています。
まずは無料で口座開設しましょう。

無料で口座開設する

無料でコインチェック口座開設(アカウント作成)するやり方をマニュアルにしたので
こちらの記事を見れば初心者でも無料で口座開設できます。

【無料】初心者向けコインチェックの口座開設マニュアル

【仮想通貨・NFT初心者が始める最初の1歩】コインチェック口座開設のやり方マニュアル・コインチェックで口座開設したいけどやり方がわからない ・最近NFTで絵を描いたら75億稼げるニュースを見て自分も挑戦したい ・NFTゲームで遊びながら稼ぐには仮想通貨が必要だから口座開設したい 私のような仮想通貨初心者でも簡単にできたので 実際に私が操作したスマホ画面を元に コインチェックの口座開設のやり方を解説します。...

日本円を入金

暗号資産取引所で口座開設・本人確認までできたら 日本円を入金します。
日本円を入金するには以下3つの方法があります。

日本円を入金する方法

・銀行振込(ATM)
・オンラインバンキング入金
・コンビニ入金

24時間対応のオンラインバンンクがおすすめですが、
持っていない場合は、銀行振り込み(ATM)をおすすめします。
コンビニより、ATMで入金した方が手数料は安いです。

コインチェックに銀行ATMで入金する方法【手数料は330円】・コインチェックで仮想通貨を買いたい!その前にコインチェックに「円」を入金したいんだけどどうやってやるの? ・銀行ATMで入金するにはどうやってやるの? ・入金手数料はいくらくらいかかるの? コインチェックに入金ってそんなに行わないので たまに銀行ATMに入金する時って、わすれちゃうんですよね 特に、自分専用の振り込み口座画面ってどうやって表示するか? 毎回調べるのが手間なので、自分のブログにわかるように 手順をまとめたのがこの記事です。...

仮想通貨 BitCoin(ビットコイン)を購入

仮想通貨で最も良く使われる暗号資産(仮想通貨)は、 Bitcoin(ビットコイン)です。
ビットコインを購入する方法は以下2種類です。

仮想通貨の購入方法

・「販売所」で購入する
・「取引所」で購入する

販売所はそのままの通り、普通に買いますが、取引所で買うというのは
例えるなら、豊洲市場のようにせりにかけられた仮想通貨を購入する方法です。

「販売所」は操作が簡単で、500円から購入できますが
手数料が高いです。

「取引所」の方は手数料が「販売所」より安いですが、
最低購入金額が(約2万円)で、操作も難しいです。

【500円から買える】コインチェックでビットコインを買う方法・コインチェックでビットコインを買う方法は? ・「販売所」とか「取引所」とかあるけど、どっちで買えばいいの? ・なるべる少額でビットコインを買う方法は? ...

 

Q&A

本人確認なしで仮想通貨の口座開設できないの?

2020年4月の法律の施行により、本人確認が義務化されています。
なので、口座開設時には本人確認が必要になります。

仮想通貨取引はどのように始めればいいのでしょうか?

①口座開設 ②日本円を入金 ③仮想通貨の購入で始める事ができます。

今から仮想通貨取引を初めても儲かるのでしょうか?

仮想通貨も株と同じく投資なので必ず儲かるという保証はありません。
しかし、ビットコインは今後も値上がりする可能性があるので、
長期的な投資としてはありです。

仮想通貨(ビットコイン)を買うのに手数料ってかかるの?

仮想通貨取引所によっては無料の所もあるし、
「販売所」「取引所」でも手数料が異なります。
手数料が無料の取引所もあるので比較して選びましょう。

販売所形式と取引所形式は何が違うの?

「販売所」は、仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する形式で
「取引所」は、個人ユーザーと直接仮想通貨を取引する形式です。

「取引所」は頻繁に取引されるので、例えるなら豊洲市場の「せり」 に
近いイメージで考えるとわかりやすいです。

仮想通貨(ビットコイン)を購入したら税金がかかる?

購入した時点では税金はかかりませんが、利益が出ると税金がかかります。
仮想通貨の利益は「雑所得」扱いとなり、株と違い儲ければ儲けるほど
税金がたくさんかかります。

※早い法整備が求められます。

仮想通貨(ビットコイン)をクレジットカードでも購入できる?

2022年5月現在では、クレジットカードで仮想通貨を購入することはできません。
海外の仮想通貨取引所では購入できますが、金融庁から認可されていないのもあるので
おすすめできません。

仮想通貨って初心者でも増やす事はできますか?

短期トレードは、専門知識がないと増やす事はできません。
初心者は定期的に、少額ずつ仮想通貨を買い、長期保有(ガチホ)しましょう。

また、マイナーな仮想通貨は消滅する可能性があるので
ビットコインなどのような、有名な仮想通貨を選びましょう。

購入した仮想通貨を取引所に置いておくのは危険でしょうか?

過去に仮想通貨取引所が、ハッキングされ盗まれた事件があります。
個人も仮想通貨ウォレット(財布)に移す方法もありますが
それもハッキングされる可能性があります。

仮想通貨取引所に置いておく場合は、2段階認証を設定し
セキュリティを強化しておきましょう。

取引所以外に移すと売り時の逃しませんか?

仮想通貨を日本円に戻す場合は、取引所じゃないのできないので
他に移すとチャンスの逃してしまいます。

しかし初心者には短期トレードはおすすめできないので
長期保有の場合は問題になりません。

まとめ

まとめ

・仮想通貨(暗号資産)は送金が早く手数料が安い。
・仮想通貨はNFTを売買したり、NFTゲームを遊ぶのに必要。
・仮想通貨取引所の口座開設が無料でできる。